イタリアの水餃子!?「トルテリーニ・イン・ブロード」

トルテローニ イタリアの食べ物

イタリアは今週に入って一気に寒くなりました。

日本で寒い日に人気の料理といえば、やはり鍋ですね!

具やベースを変えるだけで何通りもの鍋ができ、体もぽかぽか、野菜もたくさん食べられてダイエットにもいいですよね。

イタリアには、残念ながら日本の鍋のような料理はありません。

では、イタリアの冬の定番料理と言えばどんなものがあるのでしょう?

イタリアでは、寒くなるとお肉の煮込料理や、ラザニアなどのオーブン料理が食卓に並ぶようになりますが、冬の定番料理のひとつが、トルテリーニ・イン・ブロード(Tortellini in Brodo)でしょう。

トルテリーニ・イン・ブロードは、寒さの厳しいイタリアの冬に食べられる料理の代表格で、クリスマスの定番料理でもあります。

さて、トルテリーニ・イン・ブロードとはどんな料理かご存知でしょうか?さっそくご紹介したいと思います。

トルテリーニとは?

まずはトルテリーニ・イン・ブロードのトルテリーニについてご紹介しますね。

トルテリーニ(Tortellini)とは、ラビオリのような詰め物パスタの一種。

水餃子やワンタンのような詰め物パスタ、といえばイメージしやすいと思います。

中身は生ハム、ひき肉、チーズ、ほうれん草などで、リング状にくるんと丸められたかわいらしい形です。

また、トルテリーニの大きなものはトルテローニ(Tortelloni)と呼ばれます。

スーパーでは、生タイプのトルテリーニはもちろん、写真のようなインスタント(乾燥)のトルテリーニ(左)やトルテローニ(右)も売られています。

トルテリーニ

こちらの乾燥タイプは、乾燥パスタの様に日持ちがするので、いくつか常備している家庭が多いです。

他にも、こちらの写真のカッペレッティ(Cappeletti)という帽子のような形のものなど、大きさや形状もいろいろあります。

トルテリーニ

もちろん、家庭で手作りするのが一番おいしいですが、手軽に食べられるということで、インスタントのものや生タイプのものをスーパーなどで買ってきて食べる、という家庭も多いです。

トルテリーニ・イン・ブロードとは?

トルテリーニが詰め物パスタということはお分かりになったと思います。それでは、トルテリーニ・イン・ブロード(Tortellini in Brodo)とは、どんな料理なのでしょうか?

ブロードとは、チキンや野菜でとったスープ(出汁)のこと。

つまり、トルテリーニ・イン・ブロードは、詰め物パスタのスープ仕立てということになります。

バリラのトルテローニを使って作ってみました。今回使用したのは、生ハム(プロシュート・クルード)とチーズ(パルミジャーノ・レッジャーノ)入りです。

トルテローニ

作り方は簡単で、沸騰したブロードの中にトルテリーニ(今回はトルテローニ)を入れ、パッケージに書かれた時間ゆでるだけ。

ブロードもチキンや野菜から取ったダシを使っても、インスタントのものでもOK!日本で作るなら、コンソメを使用してもいいですね。

塩、こしょうで味を調えて、出来上がり。イタリアンパセリのみじん切りをのせてみました。

トルテローニなので、大きめですね。このままスープと一緒にいただきます。

トルテローニ

まさに、水餃子のイタリアバージョンですね。スープと一緒にいただくので体が温まって最高です!

ちなみに、トルテリーニ・イン・ブロードは、詰め物パスタが名物のエミリア・ロマーニャ州などでは、レストランの定番メニューです。もちろん、エミリア・ロマーニャ州の首都、ボローニャの生パスタのお店にもトルテリーニ・イン・ブロードはありました。

ボローニャでボロネーゼを!生パスタが美味しい【Sfoglia Rina】
北イタリア、エミリア・ロマーニャ州の州都ボローニャは美食の街。ボローニャといえばボロネーゼ(ミートソース)が有名ですね。そんなボローニャで気軽に生パスタを楽しめるお店をご紹介します。

暑い日でしたが、隣のテーブルの子どもたちが美味しそうに食べていましたよ。

日本で食べるには?

今回使用したバリラのインスタントのトルテリーニは、まだ日本で見たことがありません。

輸入食品を取り扱っているお店や高級スーパーには、バリラ以外のトルテリーニの取り扱いがあるところもあります。

ちなみに、コストコには冷凍タイプのトルテローニがあります。量は多いですが、食べたいだけ使って残りは冷凍保存できるので便利ですね。(一人分の目安は100グラム。)

イタリア旅行の際にバリラの商品をお土産に買って帰るのもいいですし、餃子と同じようにご家庭で作ってみるのも楽しいと思います。

ぜひ一度イタリア版の水餃子、トルテリーニ・イン・ブロードを食べてみてください!