イタリアの朝ごはんは甘~い!おうち朝ごはんの定番はビスケットとカフェ!

イタリアの朝ごはんイタリアの食べ物

イタリアにはパスタやピザ、カフェやドルチェと美味しいものがいっぱいあります。

そんな美食の国イタリアで、イタリアの人たちはどんな朝ごはんを食べているのかご存じでしょうか?

ご存知の方もいると思いますが、イタリアの朝ごはんは、なんと甘いもののオンパレード!

それでは、意外な(?)イタリア人の定番朝ごはんをお伝えします!

*朝食はイタリア語で colazione(コラツィオーネ)といいます。

スポンサーリンク

イタリアの朝ごはんの特徴は「甘い」&「シンプル」

イタリアの朝ごはん

イタリア人の朝ごはんを簡単に説明すると甘くてシンプル

イタリアでは朝ごはんに、カフェ(エスプレッソ)やカプチーノと一緒にビスケット甘いパンなど、甘いものを食べるのが定番です。

そして、イタリアの朝ごはんはとってもシンプルで量も少ない。

日本人からすると、「お茶やコーヒーにお菓子」つまりおやつタイムのような感じです。

イタリアでは日常的に朝ごはんに調理をする家庭はほとんどありません。

火を使うといえば、コーヒーを入れるくらいですかね。

あとは、ビスケットやパンを袋から出しておしまいです。

 

そんなイタリア人にとって、炊き立てのご飯やトーストに焼き魚、ベーコン、卵料理、野菜が並ぶ日本の朝食は、驚き。

イタリア人に日本の朝ご飯を説明すると、

「朝からこんなに食べるの?」

「朝からお米?」

とびっくりされます。

特にお米。

イタリアでは朝からお米を食べる人はほとんどいないので、この反応は当然かもしれません。

イタリアの「おうち朝ごはん」はどんなの?

イタリアの家庭で食べられる朝食はシンプル。

繰り返しますがイタリアの朝ごはんといえば、カフェやカフェラテに甘いものが定番です。

イタリアの家庭では、朝食にトーストを焼いたり、目玉焼きを作ったり、朝から調理をすることはほとんどありません。

コーヒーなどの飲み物を準備して、「甘いもの」を袋から出して食べるだけ。

とっても簡単です!

おうちで朝ごはんに食べられる「甘いもの」の代表格は、この3つ。

  • ビスコッティ(Biscotti)
  • フェッテ・ビスコッターテ(Fette Biscottate)
  • ブリオッシュ(Brioche)

それぞれご紹介していきますね!

ビスコッティ(Biscotti)

イタリアの朝食 ビスコッティ

スーパーの朝食コーナーには種類豊富なビスコッティが並んでいます。

このビスコッティとは塩味のビスケットではなくて、日本でいうところの甘いクッキー。

上の写真のようなビスケットは朝食用。

(もちろん、おやつとして食べることもあります。)

3時のおやつのクッキーに見えますが、イタリア人にとっては、朝ごはん用の食べ物なんです。

カプチーノやミルクなどの温かい飲み物に浸して食べるのがイタリア流!

フェッテ・ビスコッターテ(Fette Biscottate)

イタリアの朝食 フェッテ・ビスコッターテ

フェッテ・ビスコッターテは、ラスクのようなもの。

それ自体は甘くないので、はちみつ、ジャム、チョコレートなどをたっぷりって食べます

(本当にたっぷり!びっくりするほどたくさん塗ります!)

フェッテ・ビスコッターテは日本ではあまり見かけませんが、フェッテ・ビスコッターテのおともをいくつかご紹介します。

フェッテ・ビスコッターテに塗るものといえば?

フェッテ・ビスコッターテに塗るもの人気ナンバーワンは ヌテッラ(nutella)

イタリア人の大好物、ヌテッラ(Nutella)!
イタリア人の大好物、ヌテッラ(nutella)は、世界中で人気のチョコレート風味のヘーゼルナッツスプレッドです。イタリア土産ににおすすめのヌテッラをご紹介します!

イタリア人はヌテッラが大好き。

スーパーに行くと大小さまざま、ものすごい数のヌテッラが並んでいます。

フェッテ・ビスコッターテがなくても、パンやビスケットにヌテッラを塗れば、イタリア風の朝ごはんが味わえますね。

 

フェッテ・ビスコッターテのおともは、ヌテッラなどのチョコレートスプレッドが一番人気ですが、ピスタチオのクリームも人気があります。

シチリア産のピスタチオクリームって、美味しいですよね。

 

そして、日本でもパンのおともとして定番のジャム!

フェッテ・ビスコッターテにもたっぷり塗って食べます。

イタリアのジャム売り場にはたくさんのメーカー、フレーバーのジャムが並んでいるので、選ぶのも楽しいです。

 

フェッテ・ビスコッターテの人気のおとも、ヌテッラ、ピスタチオクリーム、ジャム。

もちろん、パンに塗っても美味しいです。

イタリア式の朝ごはんを楽しみたい方はぜひお試しを!

ブリオッシュ(コルネット)

イタリアの朝食 ブリオッシュ

ブリオッシュ(コルネット)は、ジャム、チョコレート、クリームなどが入ったクロワッサンのようなパン。

 

見た目は似てるけどクロワッサンとは違うんですよ。

パン屋さんのブリオッシュに比べると味は落ちますが、長期保存可能なものがスーパーに並んでいます。

朝起きたら袋から出すだけ。

簡単です!

ブリオッシュがなくても、クロワッサンにヌテッラやジャムをはさめばイタリア風の朝ごはんを味わえますね。

バールやカフェテリアで食べるイタリアの朝ごはん

バールの朝ごはん

イタリアでは、バールやカフェテリアで朝食をとる人も多いです。

定番はやはり、カプチーノ(Cappucino) に ブリオッシュ (Brioche)

先ほどもご紹介したブリオッシュ(コルネット)は、クロワッサンに似たパンです。

中にジャム、チョコレート、クリームなどが入っています。 

その場でフレッシュなクリームやフルーツを挟んでくれるおみせもありますよ。

 

バールで朝ごはんをしていると、周りを見るとブリオッシュ以外にも、ドーナツやマフィン、小さなケーキを食べている人もいます。

朝からケーキ!?と思いますが、とにかく、みんな甘いものを食べるんですよね。

 

中身のないブリオッシュもありますが、甘くないので人気がないのか!?扱っていないお店もあります。

(中に何も入っていなくても、砂糖がまぶしてあるのでほんのり甘いです。)

日本の喫茶店のモーニングのような、「トーストにゆで卵にサラダ」といったメニューはイタリアにはありません!

イタリアのホテルの朝ごはん

イタリアに旅行に来て、ホテルの朝食に違和感を覚えた方もいるかと思います。

そう、イタリアのホテルの朝食コーナーは甘いものがいっぱい!

ブリオッシュ、ドーナッツ、ケーキなどが何種類も並んでいます。

ブリオッシュも、中にクリームやチョコレートなど甘いものがほとんど。

初めてイタリアへ旅行したときに、ホテルの朝食に用意されていたブリオッシュをクロワッサン(中身のない)だと思って食べたら、中にジャムやクリームが入っていてビックリしたのを覚えています。

ほとんどのホテルには食パンや甘くないパンに、ハム・チーズ・野菜なども並んでいますが、たまに甘い物だけのホテルもあります。

そんな時は覚悟を決めてイタリア式の朝ごはんを楽しみましょう!

まとめ:イタリアの朝ごはんは甘い!

イタリアの朝食はシンプルで甘い

おやつみたいな朝ごはんですが、たまにはいいものです。

イタリア式の朝ごはんを食べてみたい!という方は、クッキーや、ヌテッラやジャムをたっぷり塗ったパンと、カプチーノでシンプルな朝ごはんを楽しんでみてください。

エスプレッソメーカーを使ってカプチーノを作れば、完璧ですね!

 

ナポリのコーヒーKIMBOなど、イタリア食材はこちらのオンラインショップで購入することができます!