イタリアの大麦コーヒー「カフェ・ドルゾ」!

オルゾ イタリアの食べ物

コーヒー(Caffè カフェ)の本場、イタリア。

イタリアでカフェと言えば、エスプレッソのことをさします。エスプレッソとは、小さなカップに入った香り豊かな濃厚なコーヒーですね。

そんなイタリアで飲まれているコーヒーのようなノンカフェイン飲料があるのを知っていますか?

カフェ・ドルゾ(Caffè d’orzo)という大麦のコーヒーです。

イタリアにはカフェを一日に何杯も飲む人がたくさんいますが、さすがに「一日に何杯も飲むのはきつい」というイタリア人も少なくはありません。

バールでまわりのお客さんを観察してみると、紅茶を飲んでいる人はほとんどおらず、みんなカフェやカプチーノなど、コーヒーを飲んでいるような気がします。

ところが、実は、コーヒーではなく大麦コーヒー、カフェ・ドルゾを飲んでいる人がまぎれているんです!

大麦のコーヒー、カフェ・ドルゾ

カフェ・ドルゾ

イタリアのノンカフェイン飲料、大麦のコーヒーは カフェ・ドルゾ(Caffè d’orzo)といいます。

「カフェ(Caffè)=コーヒー」、「オルゾ(orzo)=大麦」で「大麦コーヒー」ですね。

バールなどでは単にオルゾ(Orzo)と呼ばれたりもします。

見た目はコーヒーとほとんど変わりません。

カフェ・ドルゾは、大麦を焙煎してつくられる飲み物で、カフェ(コーヒー)という名前が付いてはいますが、コーヒー豆は使われていません。

カフェ・ドルゾは体にやさしい!

ノンカフェイン体にやさしいということで、カフェの本場、イタリアでも最近ではカフェ・ドルゾを好んで飲む健康志向の人が増えています。

カフェインを控えている人や、妊婦さんはもちろん、時間帯や気分によってカフェ・ドルゾを飲むという人もいます。

そんなカフェ・ドルゾはどんな味かというと、カフェよりも口当たりがまろやかでやさしい味です。

香りはというと、なんとなく麦茶に似ていて、香ばしいです。

オルゾでカプチーノも

「カフェ・ドルゾを飲んでみたい!」という方は、イタリアのバールで頼んでみましょう。

ちなみに、カプチーノも、コーヒーをオルゾに変えてもらうことができるので、コーヒーが苦手な方はぜひ試してみてください。

カプチーノは、カプチーノ・ドルゾ(cappuccino d’orzo)

カプチーノよりミルクが少ないマッキアートは、オルゾ・マッキアート(orzo macchiato)。こちらがオルゾ・マッキアートです。

名前は覚えなくても大丈夫、とりあえず頼みたいものにオルゾ(orzo)を加えればOKです!

お値段は、カフェ(Caffè)より少し高めに設定されていることが多いです。

といっても、ほとんどのバールではカフェは1ユーロ程度、カフェ・ドルゾは10~20セント増しと、ほぼ変わりません。

コーヒーのかわりにカフェ・ドルゾ!

本場のカフェは美味しいですが、イタリアでは朝のカプチーノから始まり、日中はバールでカフェを飲み、食後にもカフェと、一日何杯もコーヒーを飲んでいると、「コーヒーは飽きた!」、「コーヒーの飲みすぎで胃の調子が悪い」なんてこともありますよね。

そんな時にカフェ・ドルゾがおすすめです。

私はコーヒーより紅茶派なのですが、イタリアではなかなかおいしい紅茶に出会えないので、バールやカフェではよくカフェ・ドルゾを頼みます。

カフェ・ドルゾってどんな味なのかな?と思った方や、イタリアでコーヒー以外の飲み物が飲みたくなったら、カフェ・ドルゾを飲んでみてはいかがでしょう?

もちろん、家庭でもコーヒーと同じように飲むことができます。

オルゾが気に入ったら、ネスプレッソなどのエスプレッソマシーン専用のオルゾのカプセルや、オルゾ専用のマキネッタを使って、ご家庭で楽しんでみてくださいね!