イタリア版おかゆ?パスタ入りスープ!ミネストリーナ

ミネストリーナ イタリアの食べ物

日本でよく知られている イタリアのスープ料理 といえば、ミネストローネ(Minestrone)ですよね。

では、ミネストリーナ(Minestrina)という料理をご存知でしょうか?

ミネストリーナとは、小さなパスタの入ったスープです。

あまり聞いたことがないと思いますが、実はミネストリーナの方がイタリアの家庭でよく作られているんです。

寒い冬や体調が悪いときに大活躍のイタリアのスープ料理、ミネストリーナをご紹介します。

イタリアのスープの種類

日本で イタリアのスープ料理 としてポピュラーなのが ミネストローネ(Minestrone)と ズッパ(Zuppa)でしょう。

その他に ミネストラミネストリーナ というスープ料理があります。

日本語にすると、どれもスープになってしまって違いが分かりにくいのですが、簡単に説明しますね。

ズッパ(Zuppa)

水分が少なめのスープでお米やパスタが入っていないのが特徴。

ミネストラ(Minsetra)

水分が多めのスープで野菜に加えてお米やパスタが入ることが多いです。

ミネストローネ(Minestrone)

ミネストラより 具だくさん なスープでジャガイモや豆類が入ります。パスタは入っていたりいなかったりします。

日本で定着したミネストローネは トマト の入ったスープのイメージですが、イタリアでは必ずしもトマトが入っているわけではないんですよ。

しかも、イタリアではミネストローネという言葉自体、あまり聞かないんです!

イタリアではミネストラと同じ扱いになっている気がします。

ミネストリーナ(Minestrina)

ブロード(だし汁)の中に 小さなパスタ が入っている 一番シンプルなスープ です。

ミネストリーナとは

ブロード(だし汁)の中に小さなパスタが入っているシンプルなスープです。

イタリア版おかゆ、または 雑炊 といったらイメージしやすいですね。

お米や麦を入れることもありますが パスタを入れるのが基本 です。

ミネストリーナは寒い日体調の悪いときによく食べられます。

イタリアでは、ランチをたくさん食べた日は「今夜はミネストリーナだね。」なんて言って家に帰ることもよくあります。食べ過ぎた日の翌日、胃がもたれているときもミネストリーナが人気なんです。

おなかにやさしいので 病院食 や お年寄り が食べる一品のイメージも強いですね。

また、簡単 にできるのでイタリアの家庭の手抜き料理の定番でもあるんですよ。

ミネストリーナに入れるパスタ

minestrina-pasta

小粒のものからお米の形、星の形、貝の形・・・いろんな形のパスタがあります。

ミネストリーナに入れるのは 小さなパスタ です。

パスタ売り場に行くと、小さな箱に入ったかわらしい形のパスタがたくさん並んでいます。

お米 の形や 星 の形など、種類もたくさん あります。

私は体調が悪いときはお米の形の リゾーニ(risoni)というパスタを使います。

お米じゃなくてパスタなんですが、形がお米なので おかゆ を食べているような感じで食べやすくて 元気が出る 気がするんです!

この小さなパスタ、離乳食 にも使われるんですよ。

やっぱりイタリア人は赤ちゃんのときからパスタを食べているんですね!

ミネストリーナの作り方

家庭で簡単に作れるレシピをご紹介します。

ブロードは野菜や鶏肉などを使って作ってもいいんですが、一般の家庭では 粉末や固形のスープの素 を使うことが多いです。

粉末のスープは野菜味、チキン味、シーフード味、ポルチーニ味など、いろんな味があります。

基本の作り方

基本の材料は スープの素 と 小さなパスタ だけです。

brodo

スープの素もいろんな味があります。

farfalline

蝶ネクタイの形のパスタを使ってみました。

作り方は簡単!

  1. お鍋に水を入れて火にかける
  2. 沸騰したら スープの素 と パスタ を入れる
  3. パスタの箱に書いてある茹で時間を目安に煮込む

お好みで オリーブオイル や パルミジャーノ・レッジャーノ をかけていただきます。

アレンジ

パスタだけ だとなんとなく見た目も味も物足りない感じがするので、みじん切りにした玉ねぎ、セロリ、にんじんなど、家にある 野菜 を入れることにしています。

野菜と一緒に しょうが を少し入れても美味しいです。

また、チーズの代わりに 唐辛子 を少しふりかけて食べるとあっさり食べられますよ。

おわりに

イタリア版おかゆ(?)ミネストリーナ は寒い日や疲れた日にはおなかを温めてくれる やさしいスープ です。

イタリアで小さくてかわいいパスタを見かけたら、日本に持って帰って作ってみてはいかがでしょうか?