イタリアで豆腐がブーム!イタリアの「Tofu」ってどんな味?

豆腐イタリアの食べ物

最近のイタリアのスーパーには、どのお店にも最低一つ、だいたい2,3種類の豆腐が並んでいます。

豆腐といってもイタリア産のTOFU。

今回は、イタリアのスーパー買うことの出来る イタリア産の豆腐をご紹介します!

スポンサーリンク

イタリアの豆腐はどんな味?

イタリアの豆腐がどんな味なのか気になって、スーパーでイタリア産の豆腐を買ってみました。

買ってみたのはこちら。

オーガニックのお豆腐です。

イタリアの豆腐は、厚さ3、4センチほどの紙の箱入りで売られています。

そして、箱の中には真空パックになった豆腐が入っています。

箱から豆腐のパックを出してみると、木綿豆腐の水分を抜いて固くした感じ

見るからにゴワゴワしています。

嫌な予感がする。

パックから出してみたところ、めっちゃ固い!

どうやって食べようかな?と思いましたが、豆腐といえば「冷やっこ」。

ということで、まずはおろししょうがをのせて醤油で食べてみました。

何だこれ?豆腐じゃない。。

大豆のにおいがかなり強く、食感はボソボソしていて、全然美味しくない。

懲りずに後日、違うメーカーの豆腐を買ってみました。

一箱に2パック入っていたので、ひとつは冷やっこで食べてみたところ、前回の豆腐と同じような味。

そこで、もう一つはキムチ鍋に入れてみました。

「鍋に入れれば食べられるかも。それにキムチ味なら豆臭さも気にならないかも」と、期待して食べてみたのですが。。。

独特のモサモサとした食感はそのままで、大豆のにおいも強烈。

キムチにも負けないほどの存在感でした。

結論:イタリアの豆腐は日本の豆腐とは全く違う食べ物

 

それ以来、もうイタリア産の豆腐は買わないことにしました。

イタリアでは豆腐が人気

そんなイタリアの豆腐ですが、近年の健康ブームでプロテインが豊富で身体にいいと人気が出てきています。

豆腐のパッケージには「プロテイン豊富」「100%ベジタブル」「大豆食品」など身体によさそうな言葉が並んでいますしね。

先日、スーパーで会った友達の買い物カゴに豆腐が10箱以上入っていて、びっくりしました。

体を鍛えているので、お肉は控えてほぼ毎日豆腐を食べているんだそうです。

イタリアには、トマト味やハーブ味の豆腐もあります。こちらはハーブ味。

豆腐

豆腐をそのまま食べる人はまだ少ないようですが、豆腐ハンバーグ や 豆腐入りのバジルペーストといった「Tofu商品」も種類が豊富で、豆腐の人気の高さがうかがえます。

豆腐のコロッケもあります。

なかなか美味しそうですね。これなら食べられるかもしれません。

いつか試してみようと思います。

豆腐コロッケ

おわりに

イタリアの豆腐は日本の豆腐とは別の食べ物でした。

豆腐のパッケージのイメージのようにサラダに入れたり、豆腐ハンバーグやラグー(ミートソース)のお肉のかわりに使うのがよさそうです。

「イタリアの豆腐ってどんな味かな?」と気になる方は一度試してみてはいかがでしょう?

そんな方に、ひとつだけアドバイス。

イタリアの豆腐は「冷や奴」で食べないように!