イタリアのクリスマスケーキ!「パネトーネ」と「パンドーロ」

パネトーネイタリアの食べ物

今回は、イタリアのクリスマスシーズンに食べられる代表的なお菓子、パネトーネパンドーロをご紹介します。

カトリックの総本山ヴァチカンのあるイタリアでは、クリスマスは1年で最も重要なイベント。

そんなイタリアでは、クリスマスが近づくとスーパーやお菓子屋さんにはクリスマスのお菓子がたくさん並びます。

なかでも、イタリアのクリスマスに欠かせないお菓子が「パネトーネ」と「パンドーロ」

それでは、イタリアのクリスマスの代表的なお菓子「パネトーネ」と「パンドーロ」をご紹介します!

スポンサーリンク

イタリアのクリスマスケーキって?

日本でクリスマスケーキといえば、冬をイメージした生クリームの白いケーキが一般的ですよね。

ところが、イタリアには日本のようなクリスマスケーキはありません。

イタリアでクリスマスケーキにあたるものは、「パネトーネ」と「パンドーロ」という2種類の伝統的なお菓子なんです。

どちらもブリオッシュやスポンジケーキのようなシンプルなお菓子です。

クリスマスが近づくとスーパーではいろんなメーカーのパネトーネやパンドーロが山積みになるので、こんなに売れるの?と心配になります。

心配無用!

パネトーネもパンドーロも、日本のクリスマスケーキのようにクリスマスの当日限定のお菓子ではないんです。

どちらも日持ちがするので、クリスマスが過ぎても半額ほどに値下げされてしばらくの間は店頭に並んでいますよ。

それでは、それぞれご紹介していきますね。

パネトーネ(Panettone)

パネトーネ

パネトーネはブリオッシュ生地にドライフルーツが入ったドーム型のお菓子

クラシックなものは、レーズンやオレンジピールなどのドライフルーツが入ったものですが、最近ではレーズンのみのもの、その他のフルーツが入ったもの、チョコレート入りのものなど、様々なパネトーネがあります。

ふわっした食感で、お菓子というよりもパンに近い感じです。

イタリアでは食後にワインに合わせて食べられることが多いですが、カプチーノやミルクティーと一緒におやつとして食べるのも美味しいです。

日本でもイタリアのスーパーに並んでいるのパネトーネと同じものが手に入るので、気になる方は食べてみてはいかがでしょう?

パンドーロ(Pandoro)

パンドーロ

一方、パンドーロは、たまごとバターがたっぷり入った星形のお菓子です。

ドライフルーツなどは入っておらず、シンプルなスポンジ生地で、パネトーネに比べるとずっしりした食感です。

市販のパンドーロには粉砂糖が別添えされており、食べる直前にふりかけてスライスして食べます。

こちらはパンというよりもカステラに近いお菓子です。

こちらもイタリアでは食後のデザートとして食べられることが多いですが、紅茶やコーヒーなどと一緒におやつとして食べても美味しいです。

イタリアのスーパーでよく見かけるパンドーロも、日本でも購入できます!

パネトーネやパンドーロはいつ食べるの?

さて、イタリアのクリスマスのお菓子、パネトーネとパンドーロ、イタリアの人たちはいつ食べるのでしょうか?

日本ではクリスマスイブにクリスマスパーティーをして、クリスマスケーキを食べることが一般的ですが、イタリアではクリスマス当日に家族で食事をします。

そして、デザートの定番がパネトーネやパンドーロ。

しかし、パネトーネやパンドーロを食べるのは、クリスマス当日だけではありません

イタリアの人たちは、12月から1月にかけて、パネトーネやパンドーロを何回も食べます。

「クリスマスシーズンが終わるまで毎日のように食べる」という、パネトーネやパンドーロが大好きな人もたくさんいます。

イタリアではパネトーネやパンドーロを家族や友達へプレゼントすることが多いので、パネトーネやパンドーロがいくつも家にあるということも珍しくなく、食べる機会がどうしても増えてしまうんですよね。

ちなみに、イタリアには、クリスマス前に12月1日から24日までカウントダウンをするアドベントカレンダーというアイテムがあります。

>>クリスマスまでの毎日を楽しむ「アドベントカレンダー」!

 

イタリア語のクリスマス用語をチェック!

イタリア語でクリスマスは Natale(ナターレ)といいます。

nataleとは「誕生、生誕」を意味する単語ですが、大文字のNで始まる「Natale」はキリストの生誕日=クリスマス(12月25日)を意味します。

それでは、クリスマスに関するワードをご紹介します。

  • クリスマス = Natale(ナターレ)
  • クリスマスツリー = Albero di Natale(アルベロ・ディ・ナターレ)
  • サンタクロース = Babbo Natale(バッボ・ナターレ)
  • メリークリスマス = Buon Natale(ブオン・ナターレ)
  • クリスマスイブ = vigilia di Natale(ヴィジーリア・ディ・ナターレ)

どれも Natale(ナターレ)がついていますね!

おわりに

イタリアのクリスマスのお菓子、パネトーネとパンドーロをご紹介しました。

最近ではどちらも日本のパン屋さんやお菓子屋さんでも見かけることが多くなってきたので、気になる方はぜひ食べてみてください。

イタリアではパネトーネ派とパンドーロ派に分かれますが、みなさんはどちらが好みか食べ比べてみてはいかがでしょう?

ちなみに、イタリアではクリスマス翌日の12月26日はサント・ステーファノの日(Santo Stefano)で祝日です。

クリスマスイブからサント・ステーファノの3日間は休業になるレストランやお店が多いので、クリスマス期間中にイタリアを旅行される方は、事前に情報収集をされることをおすすめします!

パネトーネもパンドーロもいいけど、クリスマスイブは日本風のケーキでパーティー!という方はクリスマスケーキをチェックしてみてくださいね。

>>大丸松坂屋のクリスマスケーキ特集を見てみる