ヴェネト州のパスタ、ビーゴリ(Bigoli)を食べてみた!

ビーゴリ イタリアの食べ物

イタリア料理と言って、多くの人が真っ先に思いつくのがパスタ。

イタリアには本当に多くの種類のパスタがあります。

日本ではまだまだ「パスタ=スパゲッティ」とのイメージが強いですが、最近では、フェットチーネ、ペンネ、フジッリなど、いろんな種類のパスタが食べられるようになりましたね。

さて、北イタリア、ヴェネト州には、ビーゴリ(bigoli)というパスタがあるのをご存知でしょうか?

ヴェネト州の山あいにある美しい街、バッサーノ・デル・グラッパのお土産にビーゴリをいただいたので、食べてみました。

ビーゴリ(bigoli)とは?

ビーゴリとは、ヴェネト州特産の太麺パスタ。

「トルキオ」 という独特な道具を使って、パスタ生地を丸い穴から押し出して作ります。

手打ちのビーゴリは表面がざらざらしていて、もっちりとした食感が特徴で、ソースが良く絡みます。

トスカーナのパスタ、ピチ(pici)に少し似ています。

今回いただいたバッサーノ・デル・グラッパのお土産のビーゴリの表面はザラザラしておらず、太めのスパゲッティという感じです。

ビーゴリは、ヴェネツィアやヴェネト州のお土産にもおすすめです!

ビーゴリ・イン・サルサ

ビーゴリ

ビーゴリの定番メニューは、ビーゴリ・イン・サルサ(bigoli in salsa)

本場のレシピでは玉ねぎとアンチョビを炒め合わせて作るのですが、今回はパッケージにある「オリジナルレシピ」で作ってみました。

ビーゴリ

パッケージには、

「バターとチーズ」または「オイルとアンチョビとニンニク」で和えるのがオリジナルレシピとあります。

ビーゴリといえば、やはりアンチョビのイメージが強いので、今回はアンチョビソースにしました。

茹で時間は12分。

ビーゴリを茹でている間に、アンチョビとニンニクをオリーブオイルで炒めてソースを作り、茹で上がったらサッと和えるだけ。

簡単!

お好みでイタリアンパセリや唐辛子を乗せていただきます。

生(手打ち)のビーゴリに比べるともちもち感は劣るものの、逆につるっとした食感で美味しかったです。

ニンニクを玉ねぎに変えれば、定番のビーゴリ・イン・サルサになります。

おわりに

ヴェネト州名産のパスタ、ビーゴリをご紹介しました。

ビーゴリは、太いスパゲッティのようなもちもちパスタ。

太麺でもちもちのパスタとしては、トスカーナ州のピチ(pici)もあります。

トスカーナ州のピチはアリオーネやラグーと、ヴェネト州のビーゴリはアンチョビと合わせて食べるのが一般的。

どちらも乾麺よりも生パスタの方が断然美味しいです!

イタリアにはいろんなパスタがあって、面白いですね。

これからも、いろんなパスタを随時ご紹介していきたいと思います★