ヴェネツィア名物「イカスミパスタ」が食べられる日本語メニューありのお店

オステリア ヴェネツィア

ヴェネツィアで日本語メニューがあって、気軽に食事を楽しむことができるオステリア(レストラン)をご紹介します。

ヴェネツィアの名物料理といえば「イカスミパスタ」

ヴェネツィアに行ったらぜひ食べたい一品です。

ヴェネツィアは観光都市だけあって、イタリア語だけでなく英語のメニューもあるレストランがほとんど。

でも、イタリア語と英語だけではやはり心細かったりしませんか?

やっぱり日本語のメニューがあると分かりやすいですよね。

食事はイタリア旅行の楽しみのひとつ。日本語のメニューで食べたいものを選んで美味しくいただいちゃいましょう!

それでは、ヴェネツィアで日本語メニューがあるオステリア、Osteria Al Diavolo E L’acquasanta (オステリア アル ディアボロ エ ラクアサンタ)をご紹介します!

じゃじゃ
じゃじゃ
 

長い名前だな。。。

2019年9月時点の情報です!

Osteria Al Diavolo E L’acquasanta (オステリア アル ディアボロ エ ラクアサンタ)

今回ご紹介するオステリア、Osteria Al Diavolo E L’acquasanta (オステリア アル ディアボロ エ ラクアサンタ)は、リアルト橋近くにあります。

観光中に立ち寄りやすい立地でうれしいですね。

お店の外はこんな感じ。

お店の外

細い路地ですが、お店の前にもテーブル席が何席かあります。

ヨーロッパの人たちは外で食べるのが好きなんですよね。

店内の席よりも先に屋外の席の方が先に埋まります。

オステリアなので、食事をするもよし、ワインを飲むもよし、と使い勝手がいいです。

さて、店内はというと、こんな感じ。

店内

オステリアならではのシンプルなテーブル、壁にはヴェネツィアの写真やポスターなどが飾られていて、意外と(失礼!)雰囲気いいです。

ヴェネツィアといえば、イカスミパスタ!

イカスミパスタ

このお店のおすすめ!というわけではないですが、ヴェネツィアといえば「イカスミパスタ!」ということで、イカスミパスタを食べてみました。

濃厚な味わいで、美味しかったです。

もう一品いただいたのがシーフードパスタ。こちらも美味しかったです。

シーフードパスタ

他にも、Baccalàバカラ)という干し鱈を使った料理や、 Sarde in Saorサルデインサオール)というイワシのマリネなど、ヴェネツィア名物が楽しめます。

今回は3人でランチ、全員パスタだけ食べました。

お会計はパスタ3皿、ワインとお水の合計で60ユーロほど。

サービス料が12%と高いですが、ヴェネツィア価格ですね。

日本語メニューがあって安心!

ヴェネツィアのレストランは、観光客向けに料金が高いお店があったり、ぼったくりのお店があったりするので注意が必要です。

事前にメニューや料金を確認するのが無難です。

このオステリアは、お店の入り口の横にメニューがあります。

メニューを見たところ、イタリア語、英語、以外に日本語でも書いてありました!

そして、店内に入ったところ、「お店の人に日本語のメニューがいい?」と聞かれました。

日本語のメニューがあると分かりやすくて安心ですね。

他にも日本人のお客さんが1組いて、日本語のメニューを見て注文していましたよ。

日本語のメニューがあるといっても、観光客メインではなく、地元の人も多いのでヴェネツィアならではの雰囲気を味わうことができます

また、お店の方はとっても親切!

店内で渡されたメニューに、お店の外にあったパスタが載ってなかったので「これないんですか?」と言ったら作ってくれました。

店舗情報

Osteria Al Diavolo E L’acquasanta (オステリア アル ディアボロ エ ラクアサンタ)の店舗情報です。

※2019年9月時点のものです。

住所Calle della Madonna, 561, 30121 Venezia VE
電話番号041 277 0307
営業時間火曜日休み(要確認)

リアルト橋からすぐですが、少し分かりにくいのでグーグルマップを頼りに行くと安心です。

おわりに

ヴェネツィアの日本語メニューがあるオステリアをご紹介しました。

リアルト橋の近くという好立地で観光客も多いですが、地元の人も多いので、ヴェネツィアのオステリアの雰囲気を味わいながらヴェネツィア料理を楽しむことができます。

イカスミパスタだけでなく、バカラ、サルデ・イン・サオール、ビーゴリなどの郷土料理もあるので、ぜひ食べてみてはいかがでしょう?