イタリアの朝ごはんは甘~い!定番メニューは?

イタリアの朝食

朝食はイタリア語でcolazione(コラツィオーネ)といいます。

イタリアにはパスタやピザ、カフェやドルチェまで美味しいものがいっぱいありますよね。

そんな美食の国イタリアでイタリア人はどんな朝ごはんを食べているのか気になりませんか?

かなり前ですが、日本にいるときにテレビ番組の「世界の朝ごはん」というコーナーでイタリアの新婚カップルの朝ごはんの様子を紹介していたのですが、お肉やリゾットを用意していてビックリしました。

イタリア人は朝からお肉はもちろん、お米を食べることはありませんからね。

それでは、イタリア人の定番朝ごはんをご紹介します!

イタリアの朝ごはんの特徴

イタリア人の朝ごはんを簡単に説明すると、甘くてシンプルなんです。

イタリアでは、朝ごはんにはカフェ(エスプレッソ)やカプチーノと一緒にビスケット甘いパンなど、甘いものを食べるのが定番です。

人によって違うのかと思われるかもしれませんが、だいたいみんな同じものを食べています。朝はコーヒーだけという人や食べない人も多いんですよ。

イタリアの朝食は、日本のおやつのようなメニュー!

イタリアの朝ごはんは日本人からすると「朝からこんなに甘いものなんて!」と思うようなメニューです。

逆にイタリア人からすると、日本のような塩味の朝食は理解できないそうです。

朝ごはんの量が少ない!

イタリア人の朝ごはんを見ると、「え?こんなに少しで大丈夫!?」とビックリします。夜たくさん食べるから朝起きてもおなかがすいていないんだそうです。

私は毎朝起きるとおなかがすいていますけどね。
 
超シンプル!

イタリア人は、朝食に調理をすることはほとんどありません。

炊き立てのご飯やトーストに焼き魚、ベーコン、卵料理、野菜といった日本の朝食をみると、「朝からこんなに食べるの?」とびっくりするんです。

また、イタリアではお米は朝食べるものではないので、朝食にご飯を食べるというのも想像できないそうですよ。

冒頭のテレビ番組で紹介されたカップルの朝ごはんは、朝ごはんではなくてディナーですね。日本人が見ても「朝からこんなの食べないでしょ!」とつっこみたくなるような内容でしたけどね。

家で食べる朝ごはん

イタリアの家庭で食べられる朝食はシンプルで、カフェやカフェラテに甘いものが定番です。

「甘いもの」の代表的なものは、ビスコッティ(Biscotti)、フェッテ・ビスコッターテ(Fette Biscottate)、ブリオッシュ(Brioche)です。

スーパーの朝食コーナーにはこれらのビスケットやブリオッシュがたくさん並んでいます。

フェッテ・ビスコッターテは、日本のラスクのようなものです。それ自体は甘くないので、はちみつ、ジャム、チョコレートなどをたっぷり塗って食べます。(本当にたっぷり!びっくりするほどたくさん塗ります!)

イタリアの朝食 ビスコッティ

ビスコッティ。種類も豊富。

イタリアの朝食 フェッテ・ビスコッターテ

フェッテ・ビスコッターテ。ジャムやチョコレートを塗って食べます。

イタリアの朝食 ブリオッシュ

こちらも定番のブリオッシュ。(コルネッティともいいます。)

イタリアの家庭では、朝食にトーストを焼いたり、目玉焼きを作ったり、朝から調理をすることはほとんどありません。

コーヒーを入れて、ビスケットを袋から出して食べるだけ。

とっても簡単ですね~。

外で食べる朝ごはん

イタリアでは、バールやカフェテリアで朝食をとることも多いです。

特に、週末の朝はバールやカフェテリアは家族や友人と朝食を楽しむ人たちでにぎわいます。

定番はカプチーノ(Cappucino)にブリオッシュ(Brioche)

ブリオッシュ(コルネット)というのは、クロワッサンに似たパンで、中にジャムやチョコレート、クリームなどが入っています。 

イタリアの朝食 バールにて

Barには毎朝たくさんのブリオッシュが並びます。

ブリオッシュ以外にも、ドーナツやマフィン、ケーキを食べる人もいます。

朝からケーキ!?と思いますが、とにかく、みんな甘いものを食べるんです。

イタリアの朝食 カフェ

Pasticceria(ケーキ屋さん)の朝食。

一応、中身のないブリオッシュもありますが、甘くないので人気がないのか!?扱っていないお店もあります。(中に何も入っていなくても、砂糖がまぶしてあるのでほんのり甘いです。)

日本の喫茶店のモーニングのような、「トーストにゆで卵にサラダ」といったメニューはイタリアには存在しないんですよ~。

ホテルの朝ごはん

イタリアに旅行に来て、ホテルの朝食に違和感を覚えた方はいませんか?

イタリアのホテルの朝食コーナーは甘いものばかり!

ケーキも2,3種類は並んでいますしね。

ブリオッシュは、見た目はクロワッサンに見えますが、中に甘いものが入っています。

私も初めてイタリアへ旅行したときに、ホテルの朝食に用意されていたブリオッシュをクロワッサン(中身のない)だと思って食べたら、中にジャムやクリームが入っていてビックリしたのを覚えています。

甘いものが苦手な方は食パンや食事パンを選びましょう。

ホテルで朝食をとるときに周りを見てみてください。

甘いものばかりお皿に乗せている人や、コーヒーに砂糖をたくさん入れている人はおそらくイタリア人でしょう。

旅行先ではいつもと違ったものを食べてみる、という人もいると思いますが、卵やハムが乗っていたら外国人の可能性が高いですよ。

まとめ

イタリアの朝食はシンプルで甘い

日本人からするとおやつのような朝ごはんですが、イタリアに来たら、ぜひイタリア式の朝ごはんで一日をスタートさせてみてはいかがでしょう。

ちなみに、私はイタリア式の朝ごはんは週末だけにしています。毎日はつらいんですよ~。