イタリアの冬の飲み物!ホットチョコレート(チョコラータカルダ)

チョコラータ カルダ

イタリアの冬の定番の飲み物といえば、ホットチョコレート

ホットチョコレートは、イタリア語では Cioccolata Calda(チョコラータ カルダ)といいます。

「Ciaoccolata=チョコレート」、「Calda=ホット」でホットチョコレートです。

イタリア人はみんなチョコラータ カルダが大好き!

寒い日には、どこのカフェに入ってもチョコラータ カルダを飲んでいる人を見かけます。

今回は、イタリア人の大好物、チョコラータ カルダをご紹介します。

イタリアの冬の風物詩、チョコラータ カルダ!

チョコラータ カルダイタリアの冬の風物詩

秋から冬にかけて、イタリアのカフェやバールの入り口に「Cioccolata Calda」の文字が並び始めると、「今年も寒い季節が始まる!」と感じます。

季節は違いますが、日本の中華屋さんの「冷やし中華はじめました」みたいなものですね。

寒い冬の街歩き中、カフェに入ってチョコラータ カルダを飲むと体が温まり心も癒されます

イタリアの厳しい冬にぴったりの飲み物なのです。

チョコラータ カルダの種類

さて、イタリアのホットチョコレート(チョコラータ カルダ)とはどんな飲み物なのでしょうか?

一言でいうとチョコレートをミルクで溶かしたもので、チョコレートの 濃厚 な味が魅力の飲み物です。

ホットココア のような飲み物をイメージしていたので、初めて飲んだ時はその 濃厚 さに驚きました。

このイタリアの チョコラータ カルダトロトロでアツアツ なので、最初はスプーンですくっていただくのをおすすめします。

飲み物というより 温かいデザート と言った方が分かりやすいかもしれません。

チョコラータ カルダ、基本の3種類

ダークチョコレートの フォンデンテ(FONDENTE)

ミルクチョコレートの ラッテ(LATTE)

ホワイトチョコレートの ビアンカ(BIANCA)

の3種類です。普通のチョコレートと同じですね。

とっても濃厚なので、甘いものが苦手な方は、フォンデンテがおすすめ。

チョコラータカルダの種類

基本の3種類のなかに、ヘーゼルナッツ味コーヒー味フルーツフレーバーなどなど、お店によっていろんな味があります。

メニューに20種類以上のチョコラータ カルダがならんでいるお店もあります。

どれを注文しようか悩んでしまいますよね~。

人気のトッピング

トッピングの定番はクリーム。

イタリア語でパンナ(Panna)というホイップクリームを乗せてもおいしいです。

お値段は?

チョコラータ カルダ は、一般的なバールやカフェではだいたい3ユーロくらいです。

チョコレート専門店などでは2倍以上することもあります。

お値段が高いだけあって、チョコレートがおいしいのでご安心を!

チョコラータ カルダの作り方

イタリアでチョコラータ カルダの魅力に取りつかれた方は、家庭で簡単に楽しめるチョコラータ カルダ パウダー を お土産 にいかがでしょう?

チョコレート専門店やスーパーに行けば、必ず見つかります。

チョコラータカルダパウダー

作り方は、メーカーによって違いますが、基本的に鍋にミルクとチョコレートパウダーを入れて、スプーンで混ぜながらゆっくり温めるだけ。

弱火でゆっくり混ぜるのがポイントです!

とっても濃厚なので、ビスケットやパンにつけて食べてもおいしいですよ。

おわりに

イタリアの冬の定番、チョコラータ カルダ。

寒い日の街歩きの休憩に、一杯いかがでしょうか?

冷え切った体もポッカポカになって、チョコレートの不思議なパワーで心も温まること間違いなしです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

フォローする