2月14日はバレンタインデー! 本場イタリアではどう過ごす?

バレンタインデー イタリア生活

2月14日バレンタインデー!

バレンタインデー発祥の地イタリアでは、バレンタインデーは、San Valentino(サン・バレンティーノ)といいます。

ところが、イタリアのバレンタインデーは、女性が男性に愛を告白する日でもなければ、チョコレートを贈る日でもありません。

では、イタリア人はバレンタインデーをどのように過ごすのでしょうか?

日本とはまったく違う、イタリアのバレンタイン事情をご紹介します!

プレゼントを贈るのは男性

イタリアではバレンタインデーは、Festa degli Innamorati(フェスタ・デリ・インナモラーティ)とも呼ばれます。

直訳すると「恋人たちの日」。

そう、夫婦や恋人同士など、カップルで過ごす日なんです。

プレゼントも男性から女性へ贈るケースが多く、定番の贈り物は花束

なかでも、赤いバラが人気です!

じゃじゃ
じゃじゃ

赤いバラの花束なんて素敵~

イタリアでは女性へのお花のプレゼントの定番といったら赤いバラ

誕生日も、何かのお祝いのときにも、赤いバラを贈る男性が多いです。

バレンタインデー発祥の地!イタリアでは男性がバラの花束を贈る!
2月14日はバレンタインデー!日本ではバレンタインデーといえばチョコレートですが、バレンタイン発祥の地イタリアでは違います。イタリアではバレンタインのプレゼントと言えばバラの花束!男性が愛をこめて女性にプレゼントするんです!

もちろん、プレゼントは花束だけに限らず、お花以外では、お菓子、アクセサリー、香水、下着(!)をプレゼントに選ぶ人もいます。

バレンタインデーが近づくと、いろんなお店のディスプレイがバレンタイン仕様になり、赤いハートで華やかになります。

プレゼントは「男性から女性へ」贈ると決まっているわけではないので、もちろん、女性からプレゼントを贈ることもありますよ!

イタリアのバレンタイン、チョコレートを贈る?

日本でバレンタインデーといえばチョコレート!ですよね。

では、イタリアではどうでしょう?

イタリアでもバレンタインデーが近づくと、お菓子屋さんにはバレンタイン用に作られたハート形のチョコレートやケーキが並び始めます。

もちろん、スーパーやお店にも、バレンタイン用にパッケージされたチョコレートが並びます。

でも、どちらかというと、チョコレートはクリスマスやイースターにプレゼントすることが多いので、バレンタインデー用のチョコレートの種類は少ないです

バレンタインデー チョコレート

イタリアの定番チョコレート、”Baci”のバレンタイン用パッケージ

日本のデパートのように、世界中のチョコレートを集めた「バレンタイン特設会場」的なものもありません。

じゃぽこ
じゃぽこ

日本ではバレンタインデー前になると、いろんなチョコレートを見ることができて楽しいのにな。

当然ですが、イタリアには義理チョコという習慣はありません。

イタリア式バレンタインデーの過ごし方

では、イタリア人はどのようにバレンタインデーを過ごすのでしょうか?

イタリアでは、バレンタインデーはカップルで食事を楽しむというのが多いようです。

2月14日にバレンタインデー・ディナーを企画するレストランも多いので、ちょっとおしゃれをしてレストランでディナーをしたり、自宅でお祝いをしたりします。

また、ホテルでも、バレンタインデー用のディナー付宿泊プランやスパ付きのプランを用意したりしているところが多いので、お金と時間に余裕があれば、のんびり過ごすという人たちも!

バラの花束などのプレゼントを贈るだけ、という人もいて、人それぞれのようです。

そして、一緒に過ごす相手がいない人は「来年こそはバレンタインデーを誰かと一緒に過ごしたいなあ」と思いながら過ごしたりするみたいです。

ホワイトデーはない

ホワイトデーという習慣はイタリアにはありません。

男女問わず、プレゼントをしたければバレンタインデー当日にプレゼントをするのがイタリア流で、プレゼントのお返しをする習慣はありません。

また、イタリアには義理チョコもないので、3月に入ると義理チョコをもらった男性がお返しを買いに行くといった光景も見かけません。

まとめ

イタリアでは、バレンタインデーに「これをプレゼントする!」「これをする!」といった決まりはなく、それぞれが好きなように過ごします。

イタリアはバレンタイン発祥の地ですし、アモーレの国なのでもっと大々的に祝うのかと思いますが、意外!

街中がバレンタイン一色!になる日本とは違って、イタリアではかなり控えめで少し盛り上がりに欠けるので、びっくりするかもしれません。