イタリアの花粉症事情:花粉症の薬を買ってみた

花粉 イタリア生活

日本の花粉シーズンはそろそろ終盤に入ったところでしょうか。

イタリアでは花粉シーズン真っ只中。イタリアでは、例年4月の半ばから5月の終わりまでが本格的な花粉シーズンです。

ところが、今年は2月に季節外れの暖かい日が続いたせいで例年より早く花粉が飛び始めたのか、いつもよりも早く花粉症の症状が出始めました。

そして、花粉のピークがいつなのか分からないまま4月に突入。

通常ならこれから花粉のピークが始まるので、このままだと日本から持ってきた花粉症の薬がなくなりそうです。

そこで、イタリアの花粉症の薬を試してみることにしました。

イタリアで花粉症の薬を買うには?

最近ではイタリアでも花粉症の人が増えてきたのか、テレビでも花粉症の薬のCMがよく流れています。

イタリアでも薬局で直接購入できる花粉症の薬もあるのですが、日本にいるころから使っている花粉症の薬と同じものがあればいいと思い、お医者さんに処方してもらうことにしました。

イタリアで薬を処方してもらうのはけっこう面倒です。手続き簡単にご紹介するとこんな感じです。

まずはホームドクター(登録しているかかりつけ医)のところに行き、花粉症の薬が欲しい旨を伝えます。

イタリアのホームドクターの診療時間は限られていて、土日はもちろんお休み、平日も午前中だけの日や午後だけの日があったりするうえ、予約が必要。

さらに、ホームドクターの予約は10分単位なのですが、イタリアにはおしゃべりな人が多いので、10分なんてあっという間に過ぎてしまいます。時間通りに診察してもらえることはほぼありません。

じゃぽこ
じゃぽこ

今回は1時間も待ちました。

無事にホームドクターが発行してくれた処方箋を持って薬局に行き、薬を購入するという流れです。

残念ながら、いま使っている薬と同じものがイタリアにはなかったので、それに似た薬を処方してもらいました。

イタリアの花粉症の薬

こちらが処方してもらった飲み薬です。

花粉症の薬

1日1回服用するタイプです。

さっそく飲んでみたところ、効き目ありで安心しました。

ついでに目薬も購入しました。目薬は決まったものがなかったので、直接薬局で購入しました。

日本と違って種類が少ないようで、薬局で出されたのはこれ一つでした。

花粉症の薬

とりあえずこの2つで今年の花粉シーズンを乗り切りたいと思います。

効き目があるようなら来年からイタリアで買ってもいいかな、と思っています。

イタリア人は花粉症でもマスクをしない

イタリアでつらいのは、花粉の季節でもマスクをする習慣がないことです。

インフルエンザの季節も花粉シーズンも誰もマスクをしません。

マスクなしで、天気のいい日に外出するとくしゃみが止まらず、大変なことになります。

マスクがあれば症状もまだマシなのに、と思いながら過ごしています。

おわりに

初めてイタリアで花粉症の薬を購入して使ってみました。

イタリアは、花粉シーズン真っ只中。

今年は花粉の量が多いのか、今年初めて花粉症になったという人もちらほらいます。まわりに花粉症の人が増えてきて、仲間が増えて心強いです。

今年はいつもより早く花粉症が始まり、症状もひどいので、本当につらいです。

ゴールデンウィークにイタリア旅行をされる方は、念のため花粉症の薬を持参されることをおすすめします!