海外で人気!イタリアでも買える森永乳業の絹ごし豆腐!

豆腐 イタリア生活

健康ブームに加え、日本食もブームになりつつあるイタリア。今ではどこのスーパーでもお豆腐を売っています。

お豆腐といっても、イタリアのスーパーで普通に見かけるのはイタリア産のお豆腐。

実は、イタリア産のお豆腐は日本の豆腐とはだいぶ違って、日本人からすると「これが豆腐?」と疑うほど まずいです

イタリアで豆腐がブーム!イタリアの「Tofu」ってどんな味?
ここ数年、イタリアでは日本食がブーム。スーパーでもイタリア産の豆腐を見かけるようになりました。イタリア産の豆腐ってどんな味か気になりませんか?日本のお豆腐とは見た目も味も食感も違う、イタリア産の豆腐をご紹介します!

イタリア産のお豆腐は何度か試してみましたが、とても食べる気にはなりません。

まあ、お豆腐大好き人間でもないので「どうしても食べたい!」というほどでもないですが、やはり日本人。たまにはお豆腐を食べたくなります。

イタリアでも買える!日本のお豆腐

イタリア産のお豆腐はまずいので食べる気になりませんが、イタリアでも日本のお豆腐を買うことができるんです!

以前から日本食材を販売しているお店で見かけるたびに気になっていましたが、3ユーロくらいするのでなかなか手が出ませんでした。

でも、イタリア産のお豆腐も2~3ユーロくらいします。

じゃじゃ
じゃじゃ

イタリア産の豆腐、まずいのに意外と高いんだよね。

ということで、以前から気になっていた日本のお豆腐を買ってみました。

常温で長期間保存できる絹ごし豆腐

イタリアで買える日本のお豆腐とは、森永乳業が海外で販売しているお豆腐

海外在住の日本人にはよく知られているそうです。

こちらのお豆腐の特徴は、常温保存可能で、賞味期限が長いこと!

常温保存可能ですが、防腐剤や保存料は使われていないので安心です。

イタリアでも、日本食材を扱うお店などで販売されています。(常温保存可能なので、冷蔵庫ではなく、普通の食品棚に置いてあります。)

以前は、普通のスーパーで見かけることはありませんでしたが、最近では、このお豆腐を取り扱うスーパーも出てきました。

お値段はお店によって異なりますが、一箱(349グラム) 2ユーロ~3ユーロ くらいです。

冷やっこで食べてみた

他にも種類があるようですが、イタリアで売られているのは「絹ごし豆腐(かため)」が多いです。

紙のパックに入っているため、取り出すのが少し難しいです。

パッケージに①②③とハサミを入れる場所が書いてあるので、その通りにカットしてゆっくり取り出せば、こんな感じで出てきます。

豆腐

見た目は日本のお豆腐そのもの!少しかたそうですが、イタリア産のお豆腐と違って、つやがあります。

さっそく冷やっこで食べてみました。

冷やっこ

お味はというと、美味しい!!

イタリアのお豆腐とは全く違う、本物のお豆腐です。

かためなので麻婆豆腐やお鍋にも使えそうです!

常温保存できるのでいくつか買って常備しておくことにしました!

日本でも常温保存できる豆腐が販売開始!

日本でも2018年に豆腐の常温販売が解禁され、2019年から森永乳業が販売を始めたそうです。

「絹ごし豆腐」の他に「お料理用のお豆腐」もあるとのことです。

日本では美味しいお豆腐が簡単に手に入りますが、こちらのお豆腐は常温で長期保存ができるので、非常用に常備しておいてもよさそうです。

イタリアで買うよりもお値段は安いですね。

次回の一時帰国の時にイタリアに持ち帰ってもいいかな、と考えています。

おわりに

海外でとても人気のある森永乳業の常温で長期保存可能な「絹ごし豆腐」、いかがでしたでしょうか?

食べてみたところ美味しくて感動しました!

このお豆腐の存在自体は知っていたものの、今まで食べたことがありませんでした。もっと早く買ってみればよかったと後悔しています。

これからはイタリアでもお豆腐を食べることができます!

今年から日本でも販売が開始されたということで、気になる方は食べてみてはいかがでしょう?非常用にもおすすめです!