海外でも「お米」が食べたい!イタリア産のお米5選!

ごはん イタリア生活

海外で生活していても食べたいのがお米。

炊きたての白いごはんは最高ですよね!

さて、イタリアには、ご存知「リゾット(risotto)」や夏によく食べられるお米のサラダ(insalata di riso)というお米料理があります。

お米を食べる習慣があるので、スーパーにもいろんな種類のお米が並んでいますが、やはり日本のお米とは違うので、普通に炊くと全然美味しくありません。

イタリアでお米を炊いて食べるなら、Originario(オリジナリオ)という種類のお米が日本米に近いということで、日本から持ってきた土鍋で炊いたのですが、パサパサしていて味も香りもなかったです。

イタリアのお米は、リゾットにするとおいしいのですが、日本の「白いごはん」には向いていないんですね。

イタリアで「白いごはん」を食べるには、日本から持ってきたお米か、日本食材を扱う中華系のお店などで「日本米」「寿司米」という名で売られているお米を炊くのがおすすめです。

うれしいことに、最近では一般のスーパーでも「日本米」を置いているお店が増えてきて、手に入りやすくなってきました。

これまで食べてみたイタリア産の「日本米」を5種類、ご紹介します!

ゆめにしき

ゆめにしき

欧州産のこしひかり「ゆめにしき」、イタリアで作られているお米です。

ミラノに行ったときに、KATHAYというアジア食品を扱うスーパーで購入しました。

1キロ5ユーロと、他のイタリア産の「日本米」に比べるとお値段は高め。

今まで食べたイタリア産の「日本米」の中では、一番美味しかったです。うまみがあり、冷めても、冷凍ごはんにしても問題なし。

5キロ入りの袋もあり、重たいですがコストパフォーマンスはよかったと思います。

イタリアで日本食材を買うなら?品揃え抜群!ミラノの【KATHAY】!
海外で暮らしていると日本食が恋しくなりますが、イタリアで日本食材を探すのはなかなか大変です。そんなイタリアで一番の品ぞろえを誇るミラノのスーパーをご紹介します!

お米さん

お米さん

イタリアで比較的流通しているのがこちらの「お米さん」。

日本食材を扱うお店や中華系のお店で見かけることが多いです。

1キロ3.5ユーロくらい。

ミラノのKATHAYや、ヴェネツィアのパスタ専門店「ジャコモ・リッツォ」にも置いてありました。

個人的には、「ゆめにしき」には劣るものの、イタリアで「白いごはん」として食べるには満足できると思います。

寿司米

寿司米

日本食品を取り扱うお店で時々見かけるのが、こちら、その名も「寿司米」。

1キロ2~3ユーロくらい。

寿司米ということですが、白いごはんで食べてもOK。ただし、冷めてから食べるといまいちです。

お寿司にしたり、カレーライスやチャーハンにするのがおすすめです。

TSURU

TSURU

最近、一般的なスーパーで販売され始めたのが「TSURU」。

1キロ2~2.5ユーロくらいです。

今までご紹介した3点と違って、真空パックにもなっていないし、お値段も安いので若干不安でしたが、意外と美味しいです。

もちろん、炊き立てのごはんが一番ですが、冷凍にしても大丈夫でした。

「ゆめにしき」や「お米さん」に比べると味は少し落ちるものの、問題ないレベル!

わざわざ日本食材を扱うお店に行かなくても近くのCoop(コープ)にも置いてあるのがうれしいです。

イタこまち

イタこまち

最後にご紹介するのが「イタこまち」。「あきたこまち」とは関係なさそうです。

こちらも一般的なスーパーで売られています。

1キロ2.5ユーロくらい。

お米の粒が割れていたり、研ぐと壊れてしまったりします。

炊き立てでも、少しパサパサしていて、匂いが気になります。また、冷凍ごはんにすると味がかなり落ちます。

カレーライスや丼物にするには問題ないですが、「白いごはん」としてはいまいち。

手に入りやすいお米ですが、個人的には「TSURU」の方がおすすめです。

おわりに

イタリア産の「日本米」を5つご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

今では、日本に帰った時に持ってきた日本産のお米がなくなったら、イタリア産の日本米を食べています。

海外にいてもお米が食べられるのはうれしいですよね。

イタリア産の「日本米」はヨーロッパ各国でも販売されているそうです。

日本産のお米のようなふっくら感やもちもち感、ほんのりとした甘味などはないですが、イタリア産の「日本米」をぜひ食べてみてください!