日本へ一時帰国する際のスマホ利用に!プリペイドSIM比較

プリペイドSIM日本

海外在住者が、日本へ一時帰国するにあたって、忘れてはならないのが日本でスマホを使うための準備!

帰国中、家族や友人と連絡を取ったり、外出先の路線案内や地図を確認したりと、スマホは必需品ですね。

一時帰国中にスマホを利用するにはいくつか方法があり、帰国頻度、日本での滞在期間、スマホの利用方法や目的、予算などによって選択肢もさまざま。

私の場合は、

①SIMフリーのスマホを使っている

②1年に1回、2~3週間程度帰国

③帰国時のスマホの利用は主に連絡手段と外出時の情報収集

④通信容量は1週間あたり1GBほど欲しい

⑤なるべくコストを抑えたい

ということで、いつもデータ通信専用のプリペイドSIMを利用しています。

LINEなどを使えば音声電話もできるので、データ通信専用で十分です。

同じような条件の方はだいたいプリペイドSIMを使っているのではないでしょうか。

それでは、今回の一時帰国で利用したプリペイドSIMの購入方法や利用方法をご紹介したいと思います。

価格、商品等の情報は、2019年1月時点のものです。(2019年5月に利用したものを追記)

プリペイドSIMはネットで購入!

わたしは、一時帰国前にどのプリペイドSIMにしようかと比較検討して、インターネット(主にAmazon)で購入し、到着数日前に実家やホテルなどに届くように手配しています。

プリペイドSIMは空港に自動販売機がいくつかありますし、街の家電量販店などでも販売されています。

日本に到着してから購入してもいいのですが、インターネットで購入したほうが割安で、売り切れなどの心配もありません。

事前に実家に配送しておき、空港に迎えに来てくれた家族にプリペイドSIMを持ってきてもらえば、日本に到着後すぐに利用できて便利です。

実家に帰る前に国内旅行をする場合は、滞在先のホテルに配送しています。

>>便利!Amazonで購入した商品を宿泊先ホテルへ配送する方法

空港の自動販売機のプリペイドSIMはコスパが悪い

プリペイドSIMは日本へ到着後、空港で購入することもできますが、コスパが悪いです。

たとえば、こちらが成田空港にあったSIMの自動販売機のひとつです。

7日間2GBで2,500円、7日間無制限で5,000円、15日間3.5GBで4,000円。

SIM販売機

まず、今回の滞在では15日間分では足りませんし、料金もAmazonで購入したものと比べると割高です。

プリペイドSIMはAmazonがおすすめ

ちなみに今回Amazonで購入したプリペイドSIMは2種類。

ひとつは JAPAN Prepaid SIM CARD(31日間4GB、2,980円)、もう一つは Nippon SIM for Japan(30日間3GB、2,380円)です。

空港のプリペイドSIMと比べると安いです!

空港内には、他にも自動販売機やプリペイドSIMを取り扱っているお店がいくつかあるので、探してみれば、希望の期間のものやお得なものが見つかるかもしれません。

でも、日本へ到着後、長旅で疲れた身でプリペイドSIM探しに奔走したくない。。。

やはり、あらかじめネットで購入しておくのがおすすめです。

プリペイドSIMはネット購入がお得で便利!

【2019年1月に利用】プリペイドSIM比較

それでは、実際に利用したプリペイドSIMをご紹介します。

2019年1月の一時帰国の滞在日数は21日。

1週間1GBを目安に比較検討し、自分用と同行者用に2つのプリペイドSIMを選びました。

(比較用に別々の商品を選んでみました。)

購入したのは、以下の2つです。

  • JAPAN Prepaid SIM CARD(31日間4GB、2,980円)
  • Nippon SIM for Japan(30日間3GB、2,380円)

どちらもdocomoのLTEデータ通信を使用しています。

JAPAN PREPAID SIM CARD

プリペイドSIM

docomoのLTE通信利用、データ通信専用のプリペイドSIMカードです。

31日間4GBで2,980円。

利用にあたって、インターネットが利用できる環境で以下の設定が必要でした。

①SIMカードのQRコードをスキャンし、利用開始日を設定
②パッケージのQRコードをスキャンし、新しいAPNを設定

プリペイドSIM

2つのQRコードをスキャンする必要がありますが、パッケージに記載されているとおりに進めたところ、簡単に設定できました!

SIMピンとSIMアダプターが同梱されていて、便利です。

同梱アクセサリー

今回は21日間の滞在でしたが、3GBほど使いました。通信速度も問題なかったです。 

なお、4GBを使い切ってしまっても低速でのデータ通信が利用でき、またリチャージをしてデータ量を追加したり利用期間を延長することもできるそうです。

Nippon SIM for JAPAN

プリペイドSIM

docomoのLTE通信利用、データ通信専用のプリペイドSIMカードです。

30日間3GBで2,380円。

こちらも利用前にインターネットが利用できる環境での設定が必要です。

iOSの場合、QRコードをスキャンしてプロファイルをダウンロードし、記載されているパスワードを入力。

QRコードのスキャンが1度で済むので、簡単でした。

こちらもSIMピンが同梱されていました。これは本当に便利です!

21日間で3GB弱使いました。

WIFIがある環境ではWIFIを利用していたので、3GBで十分だと思いました。

こちらも、3GB使い切った後は低速でのデータ通信が利用できるそうですが、リチャージはできず、データ量の追加や期限の延長はできないので、注意が必要です。

おわりに

今回は2つのプリペイドSIMを利用してみましたが、どちらも設定方法や通信速度など、特に問題なく利用できました。(追記:2019年5月にもう一つ利用)

わたしのように1年に1回、1か月弱帰国する場合はプリペイドSIMがとても便利です。

半年もしないうちに臨時の一時帰国をしたときには、さらにお得なSIMが登場していたので、毎回チェックする必要がありますね。

プリペイドSIMは、日本へ帰国する前にインターネットで事前に購入しておくのがおすすめですが、ひとつ注意点があります。

それは、有効期間があるものが多いこと。

あまり早めに手配しておくと、有効期間を過ぎてしまう恐れがあります。

プリペイドSIMには有効期間があるものが多いので、出発直前に手配しましょう!

※直前に注文する時は、Amazonプライムを利用すると安心です。まだ会員になっていない方は、無料体験もできるので、試してみてはいかがでしょう?

【公式】Amazonプライム会員【30日間無料体験】

それでは、一時帰国前にプリペイドSIMをインターネットでサクッと手配して、日本での滞在を楽しみましょう!