海外で喜ばれる日本のお土産!イタリア人にも人気なのは?

お土産

留学やホームステイ、仕事で海外に行ったり、海外で外国人の友達に会うとき、お土産は何にしようかと悩みませんか?

日本のことをよく知っている人ならば別ですが、文化も習慣も違う国の人に喜ばれるものを探すのって、難しいですよね。

私もイタリアへ来るたびに、イタリアの友達へのお土産を何にしようか、毎回悩んでいました。

実際に失敗したり、すごく喜ばれたりという経験を繰り返し、最近ではお土産選びで悩むことは少なくなりました。

そんな経験をもとに、イタリア人に喜ばれる日本のお土産をご紹介したいと思います!

人気のお土産(食べ物編)

抹茶のお菓子

抹茶のお菓子は外国人にとても人気があります。

チョコレートやクッキー、カステラなど特に洋菓子が好まれます。

やはり洋菓子の方が口に合うんでしょうね。

抹茶のお菓子でなくても、日本のお菓子は甘さ控えめ、繊細な味でとても美味しいと人気ですが、抹茶のお菓子の方が日本っぽくていいですね。

また、日本のお菓子は、包装紙や箱、個装のパッケージもきれい!というのも感激ポイントらしいです。

たしかに、イタリアのお菓子はパッケージがシンプル、というか箱入りのものや一つ一つ個装されたものは珍しいので感激するみたいです。

お菓子の箱が気に入って、いつまでも捨てずに飾っている友達もいるんですよ。

キットカット

KitKat

日本のキットカットは種類が豊富で大人気!

日本のキットカットって、いろんな味がありますよね。

抹茶やストロベリーといったスーパーやコンビニで買えるものから期間限定地域限定のものまで本当に種類が豊富です。

日本を訪れる外国人にキットカットが人気なのも納得です。

イタリアのキットカットはミルクチョコ、ダークチョコ、ホワイトチョコの3種類だけなので、イタリア人にプレゼントすると感激されること間違いないでしょう。

空港で箱入りのものも売っていますが、スーパーなんかで売っている袋入りのものも小分けになっているのでお土産に最適です!

何種類か組み合わせてラッピングしてあげても、そのまま渡してもすごく喜ばれますよ。

カステラ

甘いもの大好きなイタリア人にはカステラも大人気です。

どこの空港でも売っているので手軽にお土産にできますね。

カステラはイタリアにはないですが、素朴な味が好まれるようです。

甘いですしね。

バームクーヘン

バームクーヘンってドイツのお菓子だと思うんですが、イタリアでは全然知られていないんです。

遠く離れた日本では人気なんですけどね。

形を見ただけで大感激食べると「美味しい!」とさらに喜ばれます。

食事の後に出すとあっという間になくなります。

ポッキー

MIKADO

イタリア版ポッキー、MIKADO

イタリアではポッキーはMIKADO(ミカド)という名で売られていて人気なんですが、キットカットと同じで、基本的にミルクチョコ、ダークチョコ、ホワイトチョコの3種類しかありません。

最近ではKingなんていうチョコレートが多めにコーティングされたものも出てきましたが、やっぱりまだまだ種類が少ないです。

日本のポッキーはキットカット以上に種類が豊富なので、お土産にぴったりです。

「ミカドのオリジナル、日本のポッキーです」と言って渡してみてください。

「ミカドって日本のお菓子だったんだ!」とびっくりされますよ~。

プリッツやじゃがりこなどのスナック菓子

プリッツも美味しいと人気ですね。

基本のサラダ味やトマトプリッツはイタリア人も大好きです。

また、大きいサイズのご当地プリッツはインパクトも抜群!

最近の寿司ブームでわさび好きの人も多いので、わさび味は大人気でした。

プリッツ以外のスナック菓子も人気ですよ。

イタリアのスナック菓子って、種類が少ないので日本のお菓子は珍しいんでしょうね。

避けた方がいいお土産(食べ物編)

日本ブームとはいってもまだまだ日本の食文化はよく知られていません

日本人がお土産にいいなと思うものでも、日本に行ったことがある人には喜ばれるかもしれませんが、そうでない人にはあまり喜ばれないものもあるんです。

相手の好みがわからない場合には避けた方がいいお土産をご紹介したいと思います。

おせんべい

おせんべいは微妙ですね。

えびせんべいなんかは特に好き嫌いが分かれます。

えびのにおいがダメっていう人もけっこう多いです。

イタリアにはえびやイカのスナックはないんです。ビールのおつまみに出すと喜ばれたりもしますが、万人向けするお土産ではないです。

おまんじゅう

甘い豆が入ったお菓子です」と説明するだけで変な顔をされます。

豆が甘い???ってのがどうも理解できないみたいです。

食べてみると「美味しいね」という人もいますが、おまんじゅう好きの人でなければやめた方がいいと思います。

緑茶

イタリアでもTE` VERDE(テ・ベルデ)という緑茶が売られていますが、色も茶色くてウーロン茶のような味だったりします。

「日本のお茶が飲んでみたい!」と言われるので、20人くらいに少しずつプレゼントしたことがあります。

一人だけ「すごく美味しい!またお願いね!」と言ってくれましたが、その他は反応なし。

よく考えてみたらお茶を飲む習慣がない人には向いていないですよね。

カフェの国イタリアでは紅茶も飲まない人がたくさんいるので当然かもしれません。

珍味

するめいかや魚の珍味なんかは、まず袋を開けただけで「くさい!」と言われますね。

おまんじゅうと一緒で食べてみたら美味しいという人もいるんですが、やっぱり「くさい!」と敬遠されます。

珍味は、文化の違いを感じさせてくれる食べ物です。

お茶うけにもいいですし、美味しいんですけどね~。

食べ物以外のお土産

個人的にはお土産には食べ物の方がいいと思うんですが、食べ物以外のお土産についても少しご紹介します。

おすすめ

日本の文房具はおすすめですね。

日本製のペンやノートは品質もよくデザインも洗練されているのでとても喜ばれます。イタリアにも日本製のペンは売っているんですが、やっぱり日本の方が種類が多いですからね。

子供向けにはキャラクターグッズもいいですね。

100円ショップで買えるようなものでもすごく喜ばれますよ。

おすすめできないもの

逆に避けた方がいいのは扇子をはじめとした和風の小物

日本らしいお土産を贈りたいと思って選ぶ人が多いですが、もらっても使わないでしょうし、好みが分かれるものですからね。

リクエストされた場合以外はやめておいた方がいいと思います。

特にホームステイに行く場合は、すでに日本人を受け入れたことがある家庭には和の小物がいくつもあったりするので、避けましょう。

私も学生時代にホームステイ先(イタリアではないですが)に扇子をお土産に持って行ったことがあるんですが、家中に扇子やその他の和小物がいくつもあったという苦い経験があります。

また、イタリアで縁起が悪いとされるプレゼントもあります。刃物、お財布、ハンカチは避けましょう。

イタリアではプレゼントしてはいけないものがいくつかあるのをご存知でしょうか? 代表的なものをご紹介しますので、イタリア人にプレゼントやお土産を考えている方はぜひご参考にしてください!

おわりに

イタリア人に人気のお土産、あまり人気がないお土産をまとめてみましたが、イタリアだけでなく他の国々でもだいたい同じじゃないかな、と思います。

海外に持っていくお土産を何にしようか悩んだときのご参考になればうれしいです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

フォローする