パドヴァへ日帰り旅行!必見のおすすめ観光スポットは?

パドヴァ 北イタリア

ヨーロッパ最古の大学のひとつであるパドヴァ大学があることで知られるヴェネト州の都市、パドヴァ(Padova)。パドヴァは大学都市だけあってとても活気がある街です。

パドヴァは、ヴェネツィアからは電車で30分に位置するので、ヴェネツィアからの日帰り旅行先として人気があります。

また、ミラノからもフィレンツェからも2時間あれば行くことができるため、ミラノやフィレンツェからヴェネツィアに向かう途中に立ち寄ることもできます。

歴史遺産も多く、見どころもたくさんあるので、できればゆっくり回りたいところですが、日帰り旅行や途中下車しての観光をされる方も多いでしょう。

そんな方のために、ぜひ押さえておきたいパドヴァの観光スポットをご紹介したいと思います。

サンタントニオ聖堂(Basilica di Sant’ Antonio)

パドヴァ

日本からパドヴァを訪れる人の一番の目的はスクロヴェーニ礼拝堂かもしれませんが、イタリアではパドヴァと聞いてまず名前が挙がるのが「サンタントニオ聖堂」です。

この教会には、パドヴァの聖人、聖アントニオ(サンタントニオ/Sant’Antonio)の墓所があり、世界中から多くの巡礼者が訪れるキリスト教徒にとっては重要な聖地のひとつです。

13世紀に建てられたこの大聖堂の外観は、ロマネスク、ゴシック、ビザンティン様式が調和していて、とても特徴的です。

教会内部は残念ながら写真撮影禁止ですが、豪華絢爛!

教会に入ったら左手を歩くと、まずは聖アントニオのお墓があります。お墓の壁に手を当ててお祈りをしている方がたくさんいました。

その後教会内にたくさんある小さな礼拝堂を見学しながら進んでいくと、聖遺物の礼拝堂があります。

ここには、聖アントニオの舌や顎をはじめとした遺物がたくさん展示されています。

この礼拝堂には神父さんのデスクがあり、聖アントニオのカードをもらっている方もいました。

聖アタントニオ

日本のお守りのようなものでしょうね。

私は日本語のサンタントニオ聖堂の案内冊子をいただきました。

スクロヴェーニ礼拝堂(Cappella degli Scrovegni)

パドヴァの一番の見どころといえば、スクロヴェーニ礼拝堂ですね。ジョットのフレスコ画で有名な小さな礼拝堂です。

この礼拝堂の内部に描かれた青ベースのフレスコ画はとても幻想的。

見学時間は15分ほどと短いですが、必見です!

なお、礼拝堂を見学するには、予約が必要。

公式サイトでオンライン予約ができるので、事前に予約しましょう。

スクロヴェーニ礼拝堂の見学は事前予約が必要です!

プラート・デッラ・ヴァッレ(Prato della Valle)

プラート・デッラ・ヴァレ

ヨーロッパでも有数の広さを誇るとても大きな楕円形の広場。

広場内に立ち並ぶ白い彫刻と広場を流れる水路、広場の芝生のコントラストが美しい公園のような広場は、パドヴァ市民の憩いの場でもあります。

毎週土曜日にはメルカート(市場)が開かれ、野菜や果物などの生鮮食品から、生花、衣料品など様々なお店が並びます。

市場

八百屋さんには日本ではあまり見ることのない珍しいイタリア野菜があったりして、見ていて楽しいですよ。

野菜

ちなみに右端に並んで知るのが、ヴェネト州名産の冬の野菜、ラディッキオ(radicchio)です。

イタリアの冬野菜 ラディッキオの種類と食べ方
ラディッキオは赤紫と白の色鮮やかなコントラストが特徴のイタリアの冬野菜の代表です。 冬のイタリアの食卓を彩るラディッキオの種類と、ラディッキオの王様と呼ばれるラディッキオ・タルディーボのおすすめの食べ方をご紹介します。

また、広場のそばには、サンタ・ジュスティーナ教会(Basilica di Santa Giustina)があり、サンタントニオ聖堂に比べると質素ですが、見る価値ありです。

パドヴァの教会

植物園(Orto Botanico)

世界遺産にも登録されているパドヴァ大学付属の植物園、オルト・ボタニコ(Orto Botanico)。1545年に造られた世界最古の植物園です。

研究目的のために作られた植物園ということで、珍しい植物がたくさんあります。サンタントニオ聖堂の近くにあるので、興味のある方は行ってみてはいかがでしょう?

パドヴァを効率よく回るポイント!

パドヴァを限られた時間で効率よく回るためのポイントは、スクロヴェーニ礼拝堂の見学時間です

スクロヴェーニ礼拝堂はパドヴァ駅から徒歩10分と近く、また、予約が必要なので、パドヴァ到着後すぐに見学できるように予約するのがおすすめです。

その他の見どころのサンタントニオ聖堂、プラート・デッラ・ヴァッレ、植物園などは、駅から離れています。

パドヴァ駅やスクロヴェーニ礼拝堂からトラムを使っていくこともできますが、歩いて行くのがおすすめです。(駅からは徒歩30分ほど、スクロヴェーニ礼拝堂からは徒歩20分ほどです。)

途中、パドヴァのチェントロ(旧市街)を通るので、旧市街の名所を観光しながらカフェで休憩したりショッピングを楽しんだりしましょう。

*チェントロには、パドヴァで一番有名な老舗カフェもあります。

パドヴァに行ったらぜひ!老舗カフェ【カフェ・ペドロッキ】
パドヴァの歴史ある老舗カフェ「カフェ・ペドロッキ」。パドヴァの旧市街にあるこのカフェは、観光スポットとしても人気があります。パドヴァでおすすめの老舗カフェ、カフェ・ペドロッキで名物のミント味のコーヒーを飲んでみました!

サンタントニオ聖堂などを見学した後、パドヴァ駅まではトラムに乗っても、来た道を歩いて帰ってもいいですね。

おわりに

ヴェネツィアから30分で行ける大学都市、パドヴァの見どころをご紹介しました。

パドヴァの2大観光スポットであるスクロヴェーニ礼拝堂とサンタントニオ聖堂、そして世界遺産の植物園やプラート・デッラ・ヴァッレは必見です。

また、パドヴァのチェントロにはたくさんのショップが並んでいるので、ショッピングにも最適です。

ヴェネツィアからの日帰り旅行や、ミラノやフィレンツェからヴェネツィアに向かう途中に立ち寄る場合は、時間が限られていると思いますので、効率よく回ってくださいね。