世界遺産「ドロミテ」冬の絶景!コルティーナ~ミズリーナ湖~トレ・チーメ

コルティーナ 北イタリア

世界中の観光客に人気のイタリアの世界遺産、ドロミテ地方。

ドロミテ地方は、イタリア北東部にある山岳地帯で、彫刻のように荒々しく美しい山並みが特徴です。

ドロミテ地方は日本人にも人気で、日本人観光客もたくさん訪れます。

ちなみに、日本では「ドロミテ」と呼ばれていますが、イタリア語ではDolomiti(ドロミーティ)といいます。

ドロミテでは絶景を楽しめるだけでなく、トレッキングやハイキングにサイクリング、冬はスキーと、アウトドア派の方には憧れの地でもあります。

冬が終わる前にドロミテの雪景色を見に行ってきたので、ドロミテの冬の絶景をご紹介したいと思います。

コルティーナ・ダンペッツォ

コルティーナ

ドロミテ地方の中心部、コルティーナ・ダンペッツォ(Cortina d’Ampezzo)。

コルティーナ・ダンペッツォは、イタリア有数の高級リゾート地としても有名で、特に夏や年末年始のバカンスシーズンには、イタリアのみならず世界各国から著名人がたくさん訪れます。

ドロミテ地方の山歩きやスキーの拠点となるコルティーナ・ダンペッツォでは、ロープウェイを使って近くの山の山頂まで行ったり、街を散策したり、楽しみ方はさまざまです。

チェントロには、山歩きを楽しむ人やスキー客だけでなく、ドレスアップして優雅に歩いている人が入り混じっていて、不思議な光景です。

メインストリートにはおしゃれなお店が並んでいるので、アウトドア派でない方も、ショッピングを楽しんだり、バールやカフェで優雅に過ごしたりして楽しむことができます。この通りにはケーキやお菓子が美味しいお店もあるので、ゆっくりティータイムを楽しんでもいいですね。

写真は、メインストリートにある町のシンボルの教会と鐘楼。もう2月だというのに、まだクリスマスの飾り付け(?)が残っていました。

ミズリーナ湖

ミズリーナ湖

ドロミテ地方で最も有名な湖と言えば、ミズリーナ湖(Lago di Misurina)でしょう。

湖畔の黄色いホテルとその奥にそびえたつ岩山の写真で有名ですね。

ドロミテ地方をツアーで訪れる方は必ず立ち寄るスポットです。

冬のミズリーナ湖はというと、あたり一面雪景色。

そして、湖は全面氷結します。(写真の下半分がすべて湖。完全に凍っています。)

一面銀世界の絶景の中、スケートを楽しんだり、湖の上を歩いたりして楽しむことができます。

トレ・チーメ

トレ・チーメ

一般的に短縮して「トレ・チーメ」と呼ばれるトレ・チーメ・ディ・ラヴァレード(Tre Cime di Lavaredo)。

トレ・チーメはドロミテにある標高3,000メートル弱の岩山郡で、トレ・チーメのまわりはハイキングやトレッキングコースとして人気があります。

力強い絶壁の岩山が特徴のトレ・チーメ、冬は雪化粧した山々の美しさを楽しめます。

今回はラッキーなことに、夕焼けに染まったトレ・チーメを見ることができました。

夕暮れ時、山が赤く染まった瞬間が一番の絶景かもしれません!

ランドロ湖

ランドロ湖

コルティーナ・ダンペッツォからドッビアーコへ向かう道中にある小さな湖、ランドロ湖(Lago di Landro)。

先ほどのトレ・チーメの絶景写真は、このランドロ湖の付近で撮影しました。

ランドロ湖も氷結していましたが、湖を歩いている人はほとんどいませんでした。

ドロミテ地方はサイクリングを楽しむ人たちにも人気なのですが、冬の間はサイクリングロードがクロスカントリースキー場となります。

ランドロ湖のまわりでもクロスカントリースキーを楽しんでいる人がたくさんいましたよ。

おわりに

世界遺産ドロミテの冬の絶景をお届けしました。

冬のドロミテは、夏とはまた違った美しい景色を楽しむことができます。

ドロミテの観光の拠点となるコルティーナ・ダンペッツォへはヴェネツィアはもちろん、ミラノからもバスで行くことができるので、ぜひ絶景を見に行ってみてはいかがでしょう?