バッサーノ・デル・グラッパの「グラッパ博物館」と名物バール「ナルディーニ」

グラッパ博物館 北イタリア

北イタリア、ヴェネト州の美しい古都、バッサーノ・デル・グラッパ(Bassano del Grappa)

バッサーノ・デル・グラッパは、ヴェネツィアから電車で1時間ほどで行けることもあり、ヴェネツィアからの日帰り旅行先としても人気があります。

その人気の理由のひとつが、この町の特産品である蒸留酒グラッパ(Grappa)

グラッパと美しい街並みを楽しみに、世界中からたくさんの観光客が訪れるのです。

そんなバッサーノ・デル・グラッパに行ったらぜひ訪れたいのがグラッパ博物館(Museo della Grappa)でしょう。

今回は、バッサーノ・デル・グラッパにあるグラッパ博物館、そしてこの町で一番人気のバール、ナルディーニ(Nardini)をご紹介します!

グラッパ博物館(POLI Museo della Grappa)

バッサーノ・デル・グラッパの観光スポット、ポンテ・ヴェッキオ(Ponte Vecchio)のすぐ近くにあるグラッパ博物館。

グラッパの一大メーカーのひとつ、POLI(ポーリ)社の博物館です。

うれしいことに入場料無料

小さな博物館ですが、誰でも自由に見学することができます。

博物館に入るとすぐにグラッパの歴史や製造工程の展示があります。

グラッパ博物館

また、グラッパの製造に使用される蒸留器なども多数展示されていて、とても興味深いです。

グラッパ博物館

ただし、説明はイタリア語と英語のみ。よく分からない!という方も安心してください。

一通り展示を見て進むと、テレビとベンチが並んだビデオルームがあります。

グラッパ博物館

ここでは、グラッパの歴史や製造工程などを説明したビデオを見ることができるのですが、いくつかある言語の中に日本語もあります(2018年現在)!

さて、ビデオを見た後に続く部屋では、いろいろな種類のグラッパの香りを体験できるようになっています。

グラッパ博物館

このように並んだ筒のそばにあるボタンを押すと、プシューと香りが出てきます。

好みのグラッパを探すことができるかも?と思うかもしれませんが、けっこう強い香りが出てくるので、覚悟してボタンを押してくださいね。

香り体験コーナーの後には、ショップがあります。

ショップには、いろんな種類のグラッパが並んでいて、スーパーには置いていないようなものもあります。

高級感あふれるグラッパから、お土産用の小さなボトルのセットまであります。

グラッパ博物館

また、ショップには試飲コーナーがあり、気になるグラッパを試飲することもできますよ。

グラッパ博物館

<POLI Museo della Grappa>

住所:Via B. Gamba, 6, 36061 Bassano del Grappa VI

名物バール、ナルディーニ(NARDINI)

グラッパ博物館でグラッパのお勉強をした後は、バッサーノ・デル・グラッパで最も有名なバールへ行ってみてはいかがでしょう?

グラッパ博物館を出てバッサーノ・デル・グラッパ名物の橋、ポンテ・ベッキオへ向かうと、橋のたもとの左手に人気のバールがあります。

創業1779年、老舗の蒸留所ナルディーニ(NARDINIのバールです

グラッパをはじめとした多くの種類の蒸留酒が並ぶカウンターで、お好みのグラッパやリキュール、スプリッツをオーダーしましょう。

バール

テーブルに座って一休みするのもよし、立ち飲みするのもよし。

もちろん、グラッパなどの販売もしているので、気に入ったものがあればお土産にしてもいいですね。

バッサーノ・デル・グラッパで一番人気のバールなので、観光シーズンなどは、店内も大混雑、バールの外までグラスを持った人があふれていることもあるほどです!

<Nardini al Ponte>

住所: Ponte Vecchio, 15, 36061 Bassano del Grappa VI

おわりに

バッサーノ・デル・グラッパのグラッパ博物館と名物バール、ナルディーニをご紹介しました。いかがでしたでしょうか。

ちなみに、バッサーノ・デル・グラッパという町の名前は、お酒のグラッパではなく、グラッパ山が由来なんです。

グラッパ山(グラッパ)の(デル)麓(バッサーノ)という意味の名前の町なんです。

バッサーノ・デル・グラッパは交通の便がいいので、ヴェネツィアやパドヴァなどから電車を利用した日帰り旅行が可能なのがうれしいです。

それでは、バッサーノ・デル・グラッパに行ったら、ぜひグラッパ博物館の見学と名物バールでグラッパを楽しんでみてくださいね。