イタリアのクリスマスマーケット④ ブレッサノーネ(Bressanone)

ブレッサノーネ クリスマスマーケットトレンティーノ・アルト・アディジェ州
2020年はコロナウイルスの影響で中止になりました。

北イタリアの美しい町、ブレッサノーネ(Bressanone)のクリスマスマーケットをご紹介します。

★本場ヨーロッパのクリスマスマーケットってどんな感じか知りたい
★イタリアでクリスマスを過ごしたい
★年末年始のイタリア旅行でクリスマス気分を味わいたい
★ヨーロッパのクリスマスマーケット巡りをしたい

など、クリスマスマーケットが気になる人の参考になればうれしいです。

クリスマスの風物詩、クリスマスマーケットは最近では日本でも開催されるようなりましたね。

クリスマスマーケットといえば発祥地のドイツが有名ですが、イタリアでも11月の終わりから1月初めにかけて各地で開催されます。

特に、北イタリア、トレンティーノ・アルト=アディジェ州はクリスマスマーケットの本場。

毎年イタリア各地からクリスマスマーケットツアーも出るほど、人気なんですよ。

今回はクリスマスマーケットの本場、ブレッサノーネ(Bressanone)のクリスマスマーケットをご紹介します!

イタリアではクリスマスマーケットは、メルカティーノ・ディ・ナターレ(Mercatino di Natale)と言います。

 

イタリアの三大クリスマスマーケットと呼ばれる、トレント、ボルツァーノ、メラーノのクリスマスマーケットもチェックしてみてくださいね!

スポンサーリンク

ブレッサノーネのクリスマスマーケット

ブレッサノーネのクリスマスマーケット

ブレッサノーネ(Bressanone)は、トレンティーノ・アルト・アディジェ州の美しい古都。

ブレッサノーネのクリスマスマーケットの特徴は、街の中心ドゥオーモ広場で開催されます。

トレントやボルツァーノに比べると小規模ですが、街のシンボル、ドゥオーモのもとで開かれるクリスマスマーケットは雰囲気抜群です!

特に日が沈むころがおすすめ。

イルミネーションや屋台の明かりで照らされたドゥオーモはとっても素敵でした。

わたしは2019年に行ったんですが、ドゥオーモ広場からすぐのところにあるブリクセン司教の居城で、Il sogno di Soliman というショーイベントがありました。

ブレッサノーネのクリスマス

プロジェクションマッピングを使った30分ほどのショーで、1日2、3回開催されていました。

そんなに期待していなかったのですが、歴史のある建物に映し出されるストーリーは見事で、楽しめました。

今後開催されるならぜひオススメです。

クリスマスマーケットの屋台を楽しもう!

ブレッサノーネのクリスマスマーケットは小さいですが、一通りの屋台が揃っています。

特徴的だったのは、他の街のクリスマスマーケットと比べて、クリスマスグッズや民芸品、雑貨の屋台が多かった点。

かわいらしいクリスマスの飾りのお店がいくつかあって、見ているだけで楽しめました。

チーズやサラミ類、ワインといった地元の美味しい特産品や食べ物の屋台もありましたよ。

ブレッサノーネのクリスマスマーケットのグルメ

クリスマスマーケットの楽しみのひとつがローカルグルメですよね。

わたしがブレッサノーネのクリスマスマーケットで食べたものをご紹介します。

定番!ホットワイン&ホットアップルジュース

クリスマスマーケットのマグカップ

ブレッサノーネに着いてまず飲んだのが、ホットワイン。

クリスマスマーケットで欠かせないのが温かい飲み物ですよね。

ホットワインの他にもいろいろあります。

どんなものがあるかというと・・・

 

  • ホットワイン(ヴィン・ブルレ / Vin Brulé)
  • ホットアップルジュース
  • ホットチョコレート
  • 紅茶
  • ハーブティー
 
温かい飲み物は、たいていクリスマスマーケットオリジナルの陶器のマグカップで提供されます。

最初に支払う料金はマグカップ代込みなので、カップが欲しければ持ち帰ってOK。

カップがいらない場合は、返却するとカップ代を返金してくれます。

それぞれの街でデザインが違うので、いい記念になりますね。

南チロルのお菓子 STRAUBEN(シュトラウベン)

STRAUBEN(シュトラウベン)

そして、他の街のクリスマスマーケットで気になっていた STRAUBEN(シュトラウベン)という南チロル地方のお菓子を食べてみました。

シュトラウベンは、写真のような大きな揚げ菓子。

こんな感じで作るんです!見ているだけで面白いですね。

 

南チロルのお菓子、シュトラウベン

ひとつ6ユーロでした。

粉砂糖をかけた揚げたてのシュトラウベンにジャムかチョコレートをかけていただきます。

揚げたてのシュトラウベンは、アツアツ、サクサクで美味しかったです。

かなりのボリュームなので、シェアして食べるのがオススメ。

すでにホットワインを飲んでいたので、ホットアップルジュースと一緒に食べました。

プロジェクションマッピングのショーを見た後、小腹が空いたのでハンバーガーも食べました。

南チロル地方は、ソーセージやハンバーガーといったストリートフードにぴったりの料理がたくさんあります。

サラミやチーズを使ったパニーノ、お肉の煮込み料理とポレンタもありましたよ。

クリスマスマーケット会場にはいろんな屋台があるので、南チロルのローカルフードがいろいろ味わえて楽しいですね。

ブレッサノーネへのアクセス

ブレッサノーネ(Bressanone)へはボルツァーノから電車で30分。

ボルツァーノから日帰りでも行けるので、あわせてクリスマスマーケット巡りをするのがおすすめです。

>>【ブレッサノーネ】北イタリア・南チロル地方のかわいらしい古都の旅

旅行会社のクリスマス特集を探してみる

ヨーロッパのクリスマスマーケットは、街によって開催期間が異なりますが、だいたい11月下旬から1月のはじめまで開催されます。

クリスマスや年末年始をヨーロッパで過ごして、本場のクリスマスマーケットを体験してみたい!という方は旅行会社のクリスマス特集をチェックしてみてくださいね。

オリジナルプランでクリスマスマーケットを楽しむ!

旅行会社のクリスマスツアーには、残念ながらイタリアのクリスマスマーケットはほとんどありません。

特別なクリスマスを楽しみたい!
ヨーロッパのクリスマスマーケット巡りがしたい!
イタリアのクリスマスマーケットへ行ってみたい!

という場合は、オリジナルプランをアレンジするのもおすすめです。

海外旅行プランの一括依頼サイトタウンライフ旅さがしを利用してみてはいかがでしょう?

希望の条件を簡単なお問合せフォームに入力し、提案依頼を送信するだけで、完全無料で複数の旅行会社へ一括で見積り依頼・問い合わせをすることができます。

複数の旅行会社のプランを比較しながら、あなたにぴったりの旅を見つけてくださいね。

ブレッサノーネのクリスマスマーケットは夕方以降がオススメ!

ブレッサノーネ クリスマスマーケット

ブレッサノーネのクリスマスマーケットは、街の中心ドゥオーモ広場にコンパクトにまとまっていました。

ブレッサノーネのクリスマスマーケットに行くなら、夕方以降の時間帯がオススメです。

ライトアップされたドゥオーモ広場はとっても素敵。

プロジェクションマッピングのイベントも夕方開催されます。

イタリアの人たちも憧れる本場北イタリアのクリスマスマーケット。

ブレッサノーネのクリスマスマーケットと一緒に、メラーノ、ボルツァーノ、トレントの3大クリスマスマーケットを一気に巡ってみるのもおすすめです。

屋台で郷土料理を味わい、冷えた体をホットワインで温め、クリスマスマーケットを満喫してみてくださいね。

ブレッサノーネはとても素敵な町なので、旧市街の散策もお忘れずに!

 

ブレッサノーネはちょっと遠い!という方はミラノのクリスマスマーケットもおすすめです!

>>ミラノのクリスマスマーケット現地ツアーをチェック!

ぜひイタリアのクリスマスマーケットを体験してみてくださいね!