ナポリ伝統のお菓子って?スフォリアテッラとババだけじゃない!

ナポリのお菓子 ナポリ

ナポリのグルメといえば、ピッツァやカフェが有名ですよね!

実はナポリはお菓子(ドルチェ)がおいしいことでも有名なんですよ。

街じゅうにおいしそうなドルチェがならんだお菓子屋さん(パスティッチェリア)があって目移りしてしまうほどです。

今回はナポリならではのおいしい伝統的なお菓子をご紹介します。

ナポリの伝統的なお菓子

スフォリアテッラ(Sfogliatella)

ナポリのお菓子 スフォリアテッラ

左がスフォリアテッラ リッチャ(Sfogliatella Riccia)、右がスフォリアテッラ フロッラ(Sfogliatella Frolla)

ナポリのお菓子で一番有名なのが スフォリアテッラ

何層にも重なった パリパリの生地 リコッタチーズのクリーム が入った パイ です。

日本のテレビ番組で紹介されて話題になったそうなので、ご存知の方も多いと思います。

実は スフォリアテッラには2種類 あるのをご存知でしょうか。

一般的には、パイ生地の スフォリアテッラ リッチャ(Sfogliatella Riccia)が有名ですよね。

ナポリには スフォリアテッラ フロッラ(Sfogliatella Frolla)というスコーンのような生地のものもあるんです。

スフォリアテッラ リッチャ はイタリア中(日本でも!)で食べることができます。

でも、スフォリアテッラ フロッラ はナポリ以外では珍しいので、ナポリに行ったらぜひ!食べてみてください。

スフォリアテッラ リッチャ も、本場ナポリのものはパリパリ感がまったく違います

リコッタチーズ以外のクリームが入ったものもありますので、いくつか食べ比べしてみてはいかがでしょう。

ババ(Baba`)

ナポリのお菓子 ババ

ナポリ火山、ヴェスヴィオ山の形のババ

スポンジ生地にラム酒をたっぷりしみ込ませた大人のお菓子、ババ

エリンギのような形が多いこのお菓子も日本で見かけますね。

(日本ではサヴァランというフランス名で売られていることが多いですね。)

ナポリでは特大サイズのババを見かけました!

かなりのボリュームでビックリしました!!!

クリームやフルーツが乗っているものもありました。

一口食べるとお酒がしみだす ので、食べるときには少し注意が必要です!

パスティエラ(Pastiera)

ナポリのお菓子 パスティエラ

ナポリ伝統のパスクア(復活祭)のお菓子

タルト生地 を詰めた型に リコッタチーズ砂糖、ミルクで煮た 麦の粒 を混ぜて流し入れて焼いて作ります。

オレンジピールやオレンジの花のエッセンスが入っていて、香り豊かでとても美味しいです。

最近では一年中お菓子屋さんに並んでいるのでナポリに行ったらぜひ食べたいお菓子です。

ストゥルッフォリ(Struffoli)

ナポリのお菓子 ストゥルッフォリ

ナポリの伝統的なクリスマスのお菓子

ビスケット生地より少し柔らかい生地をパチンコ玉ほどの大きさにカットして揚げ、はちみつでからめてドーナツ型や山のように盛ったお菓子です。

とってもかわいらしい見た目のこのお菓子、お菓子屋さんのショーケースで見かけて「食べてみたい!」と思っていました。

ナポリ滞在中に、友達のおばあちゃんが作ってくれたストゥルッフォリをいただくことができました。

思ったよりも歯ごたえがあってポリポリとした不思議な食感でおいしかったです。

おすすめお菓子屋さん

ナポリのお菓子屋さん レオポルド

レオポルドのショーケース

ナポリで有名店はいくつかありますが、旅行者におすすめなのはレオポルド(LEOPOLDO)

ナポリに何店かあるチェーン店です。

ナポリを散策中、このお店を見つけるたびに立ち寄ってエスプレッソとお菓子で休憩していました。

伝統のお菓子ももちろん、ヌーヴォレ(Nuvole)というクリームパンのようなお菓子もやさしい甘さでおいしかったです。

ナポリのお菓子 ヌーヴォレ

レオポルドのヌーヴォレ チョコレート入りとクリーム入り

また、老舗の ガンブリヌス(Gambrinus)のパスティッチェリアのケースにもずらりとおいしそうなお菓子が並んでいます。

スフォリアテッラを食べましたが、やはり本場ナポリで食べるスフォリアテッラは味も食感も全然違います。

絶品でした!

ガンブリヌスのショーケース

老舗カフェ、ガンブリヌスのショーケース

おわりに

ナポリ伝統のお菓子、どれも甘いですが本当に美味しいです!

ナポリのお菓子といえばスフォリアテッラとババが有名なんですが、それだけじゃないんですね。

ナポリに行ったらいろんなお菓子を堪能してくださいね。