旅行者必見!イタリアのトイレ事情

toilet

イタリアに住んでいて一番困ることといったらトイレ

イタリアに住んでいると、たびたび「イタリアの住み心地はどう?」と聞かれます。

そんなとき必ず文句を言いたくなるのがイタリアのトイレ事情

旅行や出張でイタリアに来たことがある方なら、きっとお分かりいただけると思います。

イタリア滞在中に「トイレに困った!」という経験をしている方は多いはず。

今回は、そんなイタリアのトイレ事情についてご紹介したいと思います。

公共のトイレを探す

イタリアではまずトイレを見つけるのが大変なんです。

イタリアに住んでいても外出先でトイレ探しに苦労することは日常茶飯事。

自由に出入りできる複合施設やオフィスビルはほとんどないですし、日本のようにコンビニもありませんからね。

では、外出先でトイレに行きたくなったらどうすればいいのでしょう?

トイレはどこにある?

イタリアでは街中で簡単にトイレは見つかりません。

レストランはもちろん、美術館観光スポットトイレを見かけたら、とりあえず入っておくことをおすすめします。

デパートショッピングセンターにはトイレがあることが多いですが、なぜか分かりにくい場所にあることが多いんです。

小さな街を観光中なら、街でトイレを探すよりいったん宿泊先のホテルに戻る方が早いかもしれません。休憩もできますしね。

駅のトイレは有料!?

よっぽどの小さな駅でない限り、イタリアの鉄道駅にはトイレがあります。

駅のトイレの多くは有料で、利用料はだいたい1ユーロ~2ユーロです。

自動改札のようになっていて、コインを入れて入るところもあれば、入り口にいる人に渡したりして入るところもあります。

両替機が近くにあればいいですが、小銭がないときには困りますね。

イタリア旅行中は常に小銭を準備しておくといいと思います。

でも、、、駅のトイレは有料だからといって清潔とは限りません!!!

バールに行こう!

イタリア人は、外出先でトイレに行きたくなったらバールに入ります。

バールでコーヒーを一杯飲んで、トイレを借りる!

確かに、コーヒー代も1ユーロ程度なので、清潔かどうかわからない有料のトイレにお金を払うのならば、コーヒーを飲んだほうがいいですよね。

でも、、、バールのトイレもきれいとは限りません!!!

公共のトイレの傾向と対策

さて、無事にトイレが見つかっても、安心できません。

ドアを開けてびっくり!

トイレの周りが水浸しだったり、トイレットペーパーが散乱していたり、便器の上が濡れていたり、鍵が閉まらなかったり。

問題のないトイレなんて、ほとんどないと思ってください。

あまりにひどくてトイレに入ることをあきらめてしまうこともあります。

汚い!

多くのイタリア人は、「どこの誰が使ったか分からないようなトイレは気持ち悪い」といって、公共のトイレを使う時には便座に直接触れないように中腰で(空気椅子のように!)用を足しているそうです。

(トイレが汚れている原因の一つは、トイレの使い方じゃないかと思うんですけど。)

私は中腰スタイルが苦手なので、まず便座を拭いてトイレットペーパーを重ねて便座に置いて座っています。

日本のトイレのように除菌スプレーが常備してあるところはまれなので、気になる方は除菌スプレーや除菌シートを携帯するのがおすすめです。 

暗い!

イタリアでトイレに入ると真っ暗でビックリすることがあるかもしれません。

電気代節約のため電気をつけっぱなしにしていないのは分かりますが、知らない場所でトイレが暗いと、こわいですよね。

ドアの近くに電気のスイッチがあれば自分でつけましょう。スイッチが見つからなければ、センサーで電気がつくようになっているはずなので少し待ってみましょう。

個室も同様で、センサーに反応すれば電気が付きます。

しかし!電気がついても安心してはいけません。

センサー式の場合、トイレの個室の中で突然真っ暗になることがあるんです!!!

本当にびっくりします!

そんな時は慌てずに手や体を動かしてみましょう

センサーに反応すれば電気がつきますよ。

そして、個室から出ると手洗い場がまた真っ暗ということも

センサーで自動にするのもいいけど、もう少し設定時間を長くしてもらいたいものです。

便座がない!

公共のトイレでときどき見かけるのが便座のないトイレ。

想像できますか?

便器のみで便座がないトイレがあるんです。

便座が盗まれたり、壊されたりして、どうせつけてもまた壊されるのでそのままにしていることが多いんですって。

初めて便座のないトイレを見たときには、どうしたらいいのか分からず、戸惑いました。

そしてイタリアの人たちはどうしているのか聞いてみました。

やはり、中腰で用を足す人が多く、便器に足を乗せてしゃがむという人もいました。滑らないのか心配ですよね。

和式風のトイレの使い方

イタリアのトイレはすべて洋式でしょ、と思っていませんか?

実は、和式トイレに似たトイレがあるのです。(トルコ式トイレといいます。)

日本の和式トイレとは反対で、入り口のほうを向いて使うのが正解だそうです。
(写真でいうと、下にドアがあるので上に背を向けるかたちです。)

足を乗せる部分も陶器なので、滑らないように注意が必要です!

ビデの使い方

イタリアでホテルや一般の家庭のバスルームに入ると、トイレの横にもう一つ、トイレに似たものを見かけますよね。

イタリアのトイレ ビデ

これは、ビデといいます。

ビデは、基本的には下半身(デリケート部分や足)を洗うためのもので、イタリアでは男女問わず日常的に使われています。

ビデで靴を洗ったり、赤ちゃんやペットを洗う人もいるそうですよ。

トイレというより洗面台に近いものでしょうね。

イタリアでは、毎日お風呂に入る(シャワーを浴びる)習慣がなく、シャワーを浴びずにビデで下半身だけを洗ってすます人が多いんです。

ビデはイタリア人にとって必要不可欠なものなんですね。

さて、気になる使い方は?というと、

トイレとは逆向きに座って使う人が多く、デリケート部分専用の石鹸を使って下半身を洗うのだそうです。

日本人的には、シャワー浴びた方がいいんじゃない?と思うんですけどね~。

おわりに

日本のトイレに慣れていると、海外のトイレは想定外のオンパレードです。

日本に帰国した際、空港のトイレで「あー、日本のトイレ最高!」という一言を耳にしたことがあります。どこの国から帰られた方か分かりませんが、同感でした。

イタリアではトイレは見つけるのが大変で、見つけても入れる状態かどうか分からないのがストレスです。膀胱炎にならないように、早め早めの行動を心がけてください。

最後にもう一つ。イタリアにはウォッシュレットがないので便器がいつも冷たいです。家のトイレに座って冷たくてびっくりすることもよくあるんですよ~。

スポンサーリンク
レスポンシブ広告
レスポンシブ広告

シェアする

フォローする