イタリアでの防犯対策!「スリ・置き引き・車上狙い」に注意!

駐車 海外旅行のポイント

イタリアは人気の海外旅行先のひとつ。

イタリアには人気の観光地や世界遺産がたくさんあり、ショッピングやグルメも楽しめるのが魅力ですね。

しかしながら、残念なことに、イタリアは日本に比べると必ずしも治安がいい国とは言えません。

日本ではカフェなどで座席を確保するためにバッグを置いて注文に行ったりすることがありますが、海外ではそんなことは絶対にしてはいけません。(日本でも安全とはいえませんが。。。)

イタリアへ行く際には、防犯対策をしっかりしていきたいです。

イタリアで多いのはスリや置き引き

ガイドブックなどにも載っていますが、日本人旅行者がイタリア旅行中に遭いやすい被害は、スリ、窃盗、置き引きといった軽犯罪。

特にミラノやローマなどの都市部では、観光客のみならず、地元のイタリア人でさえ被害にあうほどスリが多いです。

イタオ
イタオ

僕もミラノの地下鉄で財布を盗まれたことがあるよ。

イタリア滞在中は、観光中、食事中、買い物中、電車で移動中、常に荷物から手を(目を)離さないようにしましょう。

旅行中に被害にあうと、せっかくの楽しい旅行も台無しになってしまいます。

注意さえ怠らなければ防げるので、「ここは日本じゃない!イタリアだ!」と言い聞かせながら過ごしてください。

パスポートやクレジットカードなどの盗難にあうと、その後の手続きも大変なので、イタリアに出発する前によくある犯罪手口や防犯対策をよく読んでおくといいですね。

ガイドブックにはスリの手口や防犯対策が紹介されているので、旅行前によく読んでおきましょう。

「車上狙い」も多い!

イタリアには、電車やバスなどの公共交通機関だけでは行くことが難しい魅力的な観光地もたくさんあります。

先日世界遺産に登録されたプロセッコの丘や、トスカーナのオルチャ渓谷などがいい例です。

そこで、レンタカーでイタリアを回る!という方もいると思います。

イタリアで車を利用する場合、気をつけたいのが車上狙いや車内の盗難。

ポイントは、「車を離れるときには目に見えるところに荷物を置かない」こと。

イタリアでは、観光地で駐車する時、高速道路で休憩する時、スーパーで買い物する時など、車を離れるときは、バッグやスマホなどの小物もすべてトランクなどにしまうのが常識。

日本人にとってはちょっとびっくりですが、イタリアに住んでいる人にとっては「当たり前」のことなんです。

実際に知り合いのイタリア人で

・バッグを座席に置いたままお墓前りに行ったら、車上荒らしにあった!
・宿泊先ホテルの近くに路上駐車をし、翌朝車に乗ろうとしたら備え付けのカーナビなどをごっそりと盗まれていた!

なんて被害にあった人がいます。

備え付けのものまで盗まれるとなると、防ぎようがないですね。。。

車を離れるときには、バッグやカメラなどの貴重品を持っていくか、トランクなどにしまいましょう。(治安が悪そうなところでは、駐車場で荷物をトランクに入れているところを見られないように、事前にしまっておく方がいいです。)

ドライブを楽しむときも、車内の荷物には注意しましょう!

スーパーでも注意!

あるスーパーに「盗難注意!」という貼り紙がありました。

注意書き

注意点としてこの3つが挙げられています。

①車内の目につくところにバッグや貴重品を放置しない(車をロックしていても)

②買い物中カートにバッグや貴重品を置いたら、目を離さない

③ちょっとした間でも、常にバッグは手放さない

わたしも、スーパーで買い物する時、カートにバッグを乗せたまま商品選びに気を取られてしまいがちなので、気をつけるようにしたいです。

荷物は常に身から離さず、車を離れるときは車内に荷物を残さない!

おわりに

最近まわりで盗難の被害にあった話をいくつか聞いたので、イタリアで気をつけたい防犯対策についてまとめてみました。

イタリアに住んでいる者からの視点で書いたので、観光客目当ての犯罪については、イタリア旅行の際には、ガイドブックや旅行会社の案内などをよく読んでください。

いろいろと書いてきましたが、注意を怠らなければ大丈夫なはずです。

イタリアのみならず、海外旅行で大切なのは、「ここは日本ではない」という意識。

日本のように安全な国ではないんだ、と言い聞かせて油断しないようにしたいです。

防犯対策をしっかりしてイタリア旅行を満喫してくださいね!