PASMOやSuicaはしばらく使わないとロックされる!ロック解除のコツは?

自動改札 一時帰国

日本で電車、地下鉄、バスを利用する際の必需品、PASMO(パスモ)やSuica(スイカ)などの交通系ICカード。

自動販売機やコンビニなどのお店での支払いにも利用できてとても便利ですよね。

私は、現在海外に住んでいますが、日本で使用していたPASMOをまだ持っています。

そのPASMOを日本に帰るたびに使うのですが、残高があるはずなのに自動改札機で止められてしまうことが何回かありました。

初めて止められたときに、駅員さんのいる改札口まで行って、「残高あるはずなんですけど。。。」と言ってPASMOを差し出して確認してもらうと、「久しぶりの利用ですか?しばらく使わないとロックされるんですよ。」とのこと。

理由は分かってはいるものの、日本に帰国するたびに自動改札ですんなり入れないのは不便でした。

ところが今回の一時帰国では、なぜか駅員さんのお世話にならずに自動改札を通ることができました。

不思議に思って調べてみたところ、とっても簡単な方法でロックが解除できることが分かりました!

PASMOやSuicaは6か月使用しないとロックされる!

記名式のPASMOやSuicaは、最後に使ってから6ヶ月間未使用だとロックがかかってしまうそうです。

一年に一度、日本へ一時帰国をする私は、ほぼ毎回ロックがかかった状態で帰国していることになります。

PASMOやSuicaといった交通系のICカードは普段使わないけど、東京などへ行ったときだけ使うために持っている、という方も同じような経験をしたことがあるかもしれません。

半年間使わなかったPASMOやSuicaを利用して、自動改札で止められてしまったときは、駅員さんのいる改札へ行って確認して解除してもらう必要があります。

6か月未使用でロックされた交通系ICカードは、駅員さんに解除してもらえます!

自分でロックを解除する方法!

それでは、6か月未使用のPASMOやSuicaを利用する時、自動改札機で止められる前に駅員さんのいる窓口に行ってロックを解除してもらってもいいですが、少し面倒くさいですよね。

自分で簡単にロックを解除できる方法があります!

駅の券売機で追加のチャージをするだけ。

簡単ですね!!!

今回の一時帰国時に、「残高が少ないかも?」と思いチャージをしたところ、自動改札もすんなり通れました!

今回はPASMOの追加チャージでロックの解除ができましたが、インターネットで調べたところ、Suicaも同じように追加チャージでロックが解除できるようです。

6か月未使用のPASMOは追加チャージをすればロックが解除されます!

おわりに

PASMOやSuicaといった交通系ICカードは、日本、とくに首都圏で電車、地下鉄、バスを利用する時に欠かせないアイテムです。

記名式の交通系ICカードは6か月間未使用だとロックされてしまいますが、駅員さんにお願いするか、券売機で追加チャージをするとロックを解除することができます。

しばらく使っていなかった記名式のPASMOやSuicaを使う時には、残高の確認を兼ねて券売機で追加チャージしてはいかがでしょう?