イタリアの8月15日は祝日!「フェラゴスト」って?

イタリアイタリアの文化・習慣

今日は8月15日。日本では終戦記念日ですね。

一方、イタリアでは8月15日は「フェラゴスト」とよばれる祝日です。

この日のもつ意味合いは日本とイタリアでは大きく異なるものの、8月中旬は、日本ではお盆休み、イタリアも同じく夏休みのピークと共通点があるのをご存知でしょうか?

今回はイタリアの「フェラゴスト」という祝日の過ごし方と、この期間にイタリア旅行をする際の注意点をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

イタリアの8月15日はどんな日?どう過ごす?

イタリアでは、8月15日 は Ferragosto(フェラゴスト/聖母被昇天祭 )

聖母マリアが天国に昇ったとされる日です。

そうです、フェラゴストは宗教的な祝日なのですが、若い人に「フェラゴストって何の日なの?」と聞くと、

「8月の真ん中のお休みだよ。」

と返ってくることも多いです。

では、この「フェラゴスト」という祝日を、イタリアの人たちはどのように過ごすのかというと。。。

この時期、すでに海外旅行や国内のビーチや山の避暑地でバカンスを楽しんでいる人も多いですが、それ以外の人はたいてい以下の2択。

海に行って、ビーチでのんびり過ごして夜はディナー
山に行って、ハイキングやピクニック

家族や友達と一緒に海や山でゆっくり過ごします。

イタリアの夏休みは本格的!

イタリアは8月に入ると国中が夏休みモードになります。

6月中に夏休みに入る学校はもちろん、企業やお店も8月は数週間休業とするところがほとんど。

日本人には信じられないような長~い休みを使って、海や山へバカンスへ出かけます。

もちろん、バールやパン屋さんをはじめとした町の商店も例外ではなく、8月はどのお店もお休みを取るので、8月に入ると徐々に街から人がいなくなって街中が静まり返ります。

なかでも8月15日の週は、ほとんどの人が夏休みとなる夏休みのピークです。

8月15日前後のイタリア旅行は要注意!

8月15日を含む週は、日本でいうところのお盆休みのようなもので、イタリアの夏休みのピークです。

日本と違うところは、ほとんどの人が夏休みをとるので、スーパーや商店もお休みになり、街から人がいなくなります。

お盆休みを使ってイタリア旅行に来たら「街に人がいないしお店も開いていない!」なんて経験のある方もいるかもしれませんね。

この週はイタリアでは休業中のお店が多いので要注意です!

8月15日前後にイタリア旅行をされる方は、事前に行きたいお店や観光スポットの営業情報をチェックされることをおすすめします!

また、この時期はどこのホテルも超ピーク料金。

できれば8月10日~20日の間(その年のカレンダーによって前後します)のイタリア旅行は避けた方がいいと思います。

渋滞にも気をつけよう!

そしてこの時期に気をつけたいのが渋滞。

毎年、8月15日の前の週末と、8月15日の後の週末は大渋滞となります。

フェラゴストの週を海や山で過ごす人たちの大移動があるからです。

この日はバスを使って移動するのは避けるのが無難ですね。

おわりに

イタリアでは8月15日が「フェラゴスト」という祝日。

この祝日の前後が夏休みのピークとは、日本のお盆休みと似ていますね。

多くのイタリア人はこの期間を海や山で過ごします(特に海!)。

ほとんどの人が夏休みで街から脱出するので、街中はビックリするほど閑散とします。

お盆休みを使ってイタリア旅行を計画される方は、お店などの営業情報や交通情報をチェックしてくださいね。