ヴェネツィアのおすすめオステリア No.2! “Cantina Do Mori”

ヴェネツィアのオステリア

ヴェネツィアには気軽にグラスワインとチケッティと呼ばれるおつまみを楽しむことができる オステリア(Osteria)がたくさんあります。

オステリアというと、日本語では「居酒屋」と訳されることが多いですが、日本でいう居酒屋とはちょっと違います。オステリアには、「レストランと同じようなお店」から「軽食と飲み物だけを出すお店」まで、様々なタイプがあるんです。

なかでも、ヴェネツィア名物のひとつが、チケッテリアとも呼ばれる立ち飲みの出来るオステリアで、ヴェネツィアを訪れる人たちにとても人気があります。

前回、ヴェネツィアで1番のお気に入りのオステリアをご紹介しました。

ヴェネツィアを訪れる人に人気のヴェネツィア名物のオステリア(チケッテリア)。グラスワインとおつまみを気軽に楽しむことができる、ヴェネツィアで一番おすすめのお店をご紹介します!

今回は、ヴェネツィアで2番目にお気に入りのオステリア(チケッテリア)をご紹介します!

Cantina Do Mori(カンティーナ・ド・モーリ)

1462年創業の老舗のオステリア。

ヴェネツィアで最も歴史のあるオステリアだそうです。

入り口も趣がありますが、薄暗い店内の天井には銅製の鍋がずらりとぶら下がっていて、とても雰囲気があります。

ヴェネツィアのオステリア

入り口が閉まっていると外から店内の様子がうかがえないので、入るのに少し勇気がいるかもしれませんが、地元のおじさんがふらりと立ち寄ってワインを一杯飲んで帰るような気軽なお店です。

歴史のある店内で雰囲気を味わいながらワインとおつまみを楽しむことができるので、観光客にとても人気があります。

レジの近くには「いらっしゃ~い!今日も元気に営業中」なんていう札がありました。

もしかしたら、日本のガイドブックにも載っているのかもしれません。

ヴェネツィアのオステリア

メニューと注文方法

カウンターにCichetti(チケッティ)とよばれるおつまみが並んでいます。

バゲットの上にいろんな具を乗せたものや、ミートボール、ゆで卵や野菜を使ったおつまみ、チーズなど、種類がとっても豊富!

ヴェネツィアのオステリア

飲み物はというと、Cantina(カンティーナ)という店名から想像できるように、ワインの種類がまたまた豊富です。

ワインは、グラスで2.5ユーロからあるので、気軽に楽しめますね。

ヴェネツィアのオステリア

おつまみのチケッティは指でさして注文することができるので簡単ですね。店員さんも親切なので安心です。

また、椅子もいくつかありますが、立ち飲みが基本。

おつまみと一緒にグラスワインを飲んで、サクッと帰る、という気軽なお店です。

アクセスと営業時間

<Cantina Do Mori>
住所:Sestiere San Polo, 429, 30125 Venezia VE

リアルト橋から徒歩2分ほど。

Osteria Alla Ciurma(オステリア・アッラ・チュルマ)のすぐ近くにあります!

営業時間:月曜日から金曜日 8:00~19:30、土曜日 8:00~17:00(定休日:日曜日)

*営業時間は変更される可能性があるので事前にご確認ください。

土曜日のお昼すぎから15時ごろまでは混雑します。閉店時間が早いので、早めに行くのがおすすめです。

おわりに

ヴェネツィアで最も歴史のある老舗オステリア、Cantina Do Mori(カンティーナ・ド・モーリ)、いかがでしたか?

店内はいつも地元の人と観光客でいっぱいです。朝早くからやっているので、早い時間帯は地元の人が多いようです。

地元の人のようにお好きなおつまみと一緒にワインをサクッと飲んで、ヴェネツィア観光に戻りましょう。

他のオステリアに場所を移してオステリア巡りを楽しんでもいいですね。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

フォローする