12月6日はサン・ニコラの日!サンタクロースのルーツを祝うお祭り!

サン・ニコライタリアの文化・習慣

12月6日は、サン・ニコラ(San Nicola)の日です。

みなさん、サン・ニコラ(サン・ニコロ/聖ニコラ/聖ニコラス)の日って聞いたことありますか?

サン・ニコラの日とは、ヨーロッパ諸国で12月6日に祝われるクリスマスのようなお祭り

クリスマスに似ていますが、クリスマスとの違いは、サン・ニコラの日はこどもが主役のお祭りという点。

イタリアでも一部の地域でお祝いします。

*イタリアではサン・ニコロ(San Nicolò)と呼ばれます。

それでは、サン・ニコラの日についてご紹介していきますね。

スポンサーリンク

サンタクロースの起源、「サン・ニコラ」の日

サンニコラの日

サンタクロースの起源となったサン・ニコラ(San Nicola)

イタリアではサン・ニコロ(”ロ”にアクセント!)と呼ばれますが、フランスやベルギーではサン・ニコラと呼ばるそうです。

4世紀ごろ実在した司教で、数多くの軌跡を起こし、子供の守護聖人となりました。

12月6日は、そんなサン・ニコラの命日。

ベルギー、オランダ、ドイツ、オーストリア、スイス、フランスの一部、イタリア北部などヨーロッパの国々では、この日を祝うお祭りが行われます。

祝い方は国や地域によって違いますが、多くの国では、12月5日の夜から12月6日の朝にかけての間に、こどもたちにサン・ニコラがお菓子やプレゼントを持ってくるというのが共通点。

こどもたちは、12月6日の朝起きて、プレゼントを見つけて大喜び!

また、12月6日には、幼稚園にサン・ニコラがやってきて園児にプレゼントを渡したり、街ではサン・ニコラに扮した大人が子どもたちにお菓子を配って歩いたり、こどもにとってはうれしい一日です。

この日にヨーロッパでサンタさんみたいな人を見かけたら、それは、サン・ニコラかもしれません。

サン・ニコラとサンタクロースの違い

サンタクロースの起源となったサン・ニコラ。

サン・ニコラもサンタクロースも白いひげに赤い衣装と、見た目はそっくりです。

でも、よく見ると違うんです。

サン・ニコラは、とんがり帽子、赤いマント、大きな杖を持った、司教の姿でサンタクロースよりも厳かなイメージ。

プレゼントを持ってくる日は違うものの、こどもにとっては、サン・ニコラもサンタクロースも「赤い服を着てプレゼントを持ってきてくれる大きなおじいさん」!

こどもに人気があるのは当然ですね。

うらやましい!クリスマスプレゼントが2回!

サン・ニコラの日を祝う地域のこどもたちは、12月6日にサン・ニコラからプレゼントをもらいます。

クリスマスと同じですね。

 
 

サン・ニコラが来たら、クリスマスにはサンタクロースが来ないの?

もちろん、サン・ニコラの日もクリスマスも祝うので、サン・ニコラにプレゼントをもらっても、数週間後のクリスマスイブの夜にはサンタクロースがやってきます

サン・ニコラが来る地域に住んでいる子どもたちは、プレゼントが2回もらえて、うらやましいですね。

おわりに

ヨーロッパのクリスマス前のイベント、サン・ニコラの日をご紹介しました。

サン・ニコラの日は、クリスマスと似ていますが、クリスマスは家族で過ごす日サン・ニコラの日はこどもたちが楽しむ日、といったイメージです。

サン・ニコラの日を祝う地域に住む子供たちにとっては、12月6日はクリスマス前にプレゼントがもらえる大イベント。

イタリアでも一部地域で祝いますが、サン・ニコロのある地域の子どもたちにとっては、サンタクロースよりもサン・ニコロの方が人気があるようです。

サン・ニコラの日はこどものためのお祭りなので、クリスマスよりも楽しいのかもしれませんね。

12月5日~6日にヨーロッパでサンタクロースのような人を見かけることがあったら、それはサン・ニコロ(サン・ニコラ)の可能性が大きいです。

見た目はそっくりですが、帽子が違うのでよく見てみてくださいね。