ナポリで食べたい!ストリートフード「クオッポ」!

ナポリのストリートフード クオッポ

ナポリ名物のファーストフード、クオッポをご存知ですか?

クオッポというのは、筒状に巻かれた紙のことです。

その筒状の紙の中に揚げたてのシーフードや野菜などを入れて、竹串で食べる ナポリの名物料理 が クオッポ(il cuoppo)

クオッポはナポリのストリートフードとして大人気なんですよ。ナポリに行ったらぜひ食べたいですね。

ナポリの街歩きにぴったりのクオッポをご紹介します!

クオッポには何が入っている?

クオッポに入っているのは、エビ、イカ、イワシなどのシーフードフリット、ポテトコロッケ、ポテトフライ、ナスやかぼちゃの花などの野菜のフリット、モッツァレラのフリット、ゼッポリーネという青のり入りのお団子状の揚げピザなど。

人気はやはりシーフードのミックスフリットです。

シンプルなシーフードフリットは日本人好みの味!

せっかくなのでポテトフライなんかじゃなくて、シーフードや野菜のミックスを食べてみたいですね。

どこで食べる?

クオッポ は ストリートフード、ぜひ街歩き中に食べたいですね。

では、どこで売っているかというと、ナポリを歩いていると必ず見かける Friggitori(フリッジトーリ)という揚げ物屋さん。

ナポリの旧市街には何軒もあるので、歩いていれば見つかるでしょう。揚げ物のにおいがしたら Friggitori が近くにあるはずです!

クオッポのメニュー

クオッポのメニューにはシーフードミックスや野菜ミックスなど、いろいろあります。大きな看板に写真がのっていたり、実物が置いてあるので選ぶのも簡単!

注文を受けてから揚げてくれるので、揚げたてが食べられます。

私が食べたシーフードのクオッポには、中にゼッポリーネも入っていました。

ゼッポリーネ は、青のりが入ったナポリ名物の揚げピザです。大きさはゴルフボールくらいですね。もちもちの食感で、こちらも日本人好みの味です。

ゼッポリーネはピザ屋さんのメニューにもありますよ。

でも、ピザを食べる前にゼッポリーネを食べると、おなかがいっぱいになってしまう危険があるので注意が必要です。

クオッポに入っているゼッポリーネをひとつ味見するくらいでちょうどいいのかもしれませんね~。

おわりに

ナポリを歩いていて小腹がすいたらぜひクオッポを食べてみてください。

人気のピザ屋さんに行ったら待ち時間が長かった!なんて時にもおすすめ。

ナポリの人気のピザ屋さんでは1時間以上待つことも珍しくないですからね。クオッポを食べながら待つと気が紛れるかもしれません。

それにしても、ナポリは美味しいものがたくさんありすぎて危険です。。。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

フォローする