ビーチリゾート「リッチョーネ」で食べたい!「ピアディーナ」

ピアディーナ

イタリアの東海岸、アドリア海に面した街 リッチョーネ(Riccione)

イタリアでも有数のビーチリゾートで、夏になるとイタリアだけでなくヨーロッパ中からたくさんの人が集まります。

2017年には、Thegiornalisti(ザジョルナリスティ)というバンドが、リッチョーネの夏をイメージした曲、その名も “Riccione” を発売して大ヒットしました。

そんなリッチョーネで食べてみたいのが、名物料理のピアディーナ

今では、ピアディーナはイタリア中で食べられていますが、やはり本場の味は違います。

それでは、リッチョーネ名物の「ピアディーナ」、そしてリッチョーネの街をご紹介します!

リッチョーネNo.1「ピアディーナ」

ピアディーナ(Piadina)とは、リッチョーネの位置するロマーニャ地方の名物料理で、薄いパン生地にチーズや生ハムなどを挟んで食べるファーストフード。生地はタコスのトルティーヤに似ています。

*ピアディーナの大きいものをピアーダ(Piada)と呼びますが、一般的にピアディーナと呼ばれることが多いので本記事ではどちらもピアディーナとします。

リッチョーネに行ったらぜひ食べたい!

リッチョーネNo.1のピアディーナ屋さんをご紹介します。

La Piada Di Kino(ラ・ピアーダ・ディ・キノ)

ピアディーナ屋さん

リッチョーネのメインストリート、ダンテ通り(Viale Dante)沿いにある写真屋さんに併設された小さなお店。教会(Chiesa Gesù Redentore)の向かいにあります。

住所:Viale Dante, 255, 47838 Riccione RN

ダンテ通りの中心にある運河からは徒歩10分ほど。

こちらのお店は、なんと、トリップアドバイザーでリッチョーネのグルメNo.1にランキングされています!(2018年夏現在)

メニューはこちら。

ピアディーナの具を選びます。デザート用の甘いピアディーナもあります。

メニュー

こちらのカウンターで注文すると、カウンターの奥の鉄板で生地を焼いてピアディーナを作ってくれます。テーブルはお店の外にあります。

店内

それでは、2種類のピアディーナをご紹介します!

まずは写真の下のピアディーナが、crudo di Parma, squacquerone, ruccola(パルマ産生ハム、スクアクエローネというこの地方名産のフレッシュチーズ、ルッコラ)

ピアディーナの定番なので、まずはこの組み合わせを選ぶのがおすすめ。

そして、もう一つは、写真の上のピアディーナ。burrata, capperi, olive taggiasche, zucchine, melanzane grigliate(ブッラータという水牛のモッツァレラチーズ、ケッパー、オリーブ・タジャスケ、ズッキーニとナスのグリル)

ピアディーナ

当然ですが、スーパーで売っているピアディーナとは全然違って、こだわりの生地がとってもおいしいです!

かなりボリュームがあり、一つでおなかがいっぱいになります。

ピアディーナと合わせて、地ビールを一緒にいただきました。12ユーロと少し値段が高いですが香りが良くて美味しかったです。

リッチョーネの街歩き

リッチョーネ(Riccione)はイタリア有数のビーチリゾート。エミリア・ロマーニャ州、リミニ県にある小さな町で、リミニの南10キロほどに位置します。

夏の間、ビーチには数々のパラソルが並びます。

イタリアのビーチ

町の中心に流れる運河もとても素敵。

リッチョーネ

運河とメインストリートの交差する小さな広場には、こんなオブジェが並んでいていて、記念撮影に人気です。

リッチョーネ

リッチョーネ

リッチョーネ

メインストリートにはショップやレストランがたくさん並んでいるので、街歩きも楽しいです。

リッチョーネへの行き方

ボローニャから電車で1時間20分

リミニから電車で10分

*リッチョーネの鉄道駅からビーチへは徒歩10分ほどです。

おわりに

イタリアの人気ビーチリゾート、リッチョーネとリッチョーネのおすすめピアディーナ屋さんをご紹介しました。

リッチョーネでイタリア人のようにビーチでのんびり夏休みを過ごしてみてみるのもいいかもしれません。

ビーチでのんびりしなくても、近郊の街を訪れることがあれば、リッチョーネに立ち寄ってピアディーナを食べてみてはいかがでしょう?

スポンサーリンク
レスポンシブ広告
レスポンシブ広告

シェアする

フォローする