イタリアではLINEでなくWhatsAppを使おう!

メッセンジャーアプリ

日本ではメッセンジャーアプリといったらLINEですね。

無料でメッセージ、写真、動画のやりとりや、音声通話、ビデオ通話ができて、とても便利です。

私も日本の家族や友達とはLINEでやり取りをしています。

ところが、イタリアではLINEは浸透していないんです。

イタリアで使われているメッセンジャーアプリといえば、WhatsApp(ワッツアップ)。

イタリアで友達とのやりとりに必須の WhatsApp をご紹介します!

WhatsAppの使い方

日本ではLINEが使われていますが、イタリアではほとんどの人がWhatsAppを使っています。

世界的にみるとWhatsAppの方がユーザーが多いので、当然といえば当然ですね。

WhatsAppの機能はほとんどLINEと同じ。

メッセージ、ボイスメッセージ、写真、動画、インターネット通話が無料で利用できます。

なかでも、イタリア人は ボイスメッセージをよく使っています。

「入力するよりしゃべった方が早い!」と、おしゃべり好きのイタリア人にはボイスメッセージが便利なんですね。

WhatsAppの既読機能

LINEを使っていると、相手がメッセージを読んだのかどうか気になりますよね。

WhatsAppにも同じような機能があります。

WhatsAppでは、「既読」とは表示されませんが、メッセージの送信時刻の横のチェックマーク()で既読・未読の状態が分かるようになっています。

√   灰色のチェックマークが1つ ⇒「送信されました」

√√ 灰色のチェックマークが2つ ⇒「相手の端末に届きました」

√√   水色のチェックマークが2つ ⇒ 「既読」

「まだ読んでないんだ」だけでなく、「まだ届いてないんだ」という確認もできます。

※ プライバシー画面で「開封確認」のオン、オフが選択できるので、既読マークを非表示にすることもできます。

ただし、「開封確認」をオフにすると、相手の開封確認もできなくなります。

WhatsAppとLINEの違い

WhatsAppとLINEはともにメッセンジャーアプリですが、こんな点が違います。

スタンプがない!

私がWhatsAppを使っていて思うLINEとの一番の違いは、WhatsAppにはスタンプがないこと。

LINEではスタンプで返事や簡単な会話ができるのに、WhatsAppだと入力しないといけません。

LINEを使い慣れているとけっこう不便なんですよね~。

友達追加の必要がない

WhatsAppのコンタクト先は、スマートフォンの連絡先(電話帳)からインポートされるようになっています。

WhatsAppで連絡を取りたい相手が電話帳に電話番号が登録されていると、WhatsAppのリストに表示されます。

もちろん、相手がWhatsAppをインストールしていなければ表示されません。

LINEのように「友だち追加」のプロセスはありません。

オンライン、最終接続時刻が表示される

WhatsAppでは、チャット画面で相手の接続状態が確認できます。

相手がオンライン中の場合は、「オンライン」と表示され、

相手がオフラインの場合は、「最終接続時刻」が表示されます。

これは、LINEにはない機能ですね。

※最終接続時間はプライバシー設定画面で非表示にすることもできます。

 ただし、非表示にすると他の人の「最終接続」も表示されなくなります。

イタリアでは「既読」や「最終接続時刻」を気にしている人がいないみたいで、非表示設定にしている人はほとんどいませんが。。。

入力中の表示がある

WhatsAppでは、チャットをしているときに相手が入力中だと「入力中」と表示されます。

チャット中に相手が返事を書いているのかどうか分かります。

おわりに

イタリアではLINEではなく、WhatsApp

WhatsAppは世界中で最も使われているメッセンジャーアプリなので、イタリアだけでなく、海外の人とのやり取りに使えます。

イタリアでは、「LINEするね」ではなく、「WhatsAppでメッセージ送るね」というのが一般的です。

イベントごとにグループを作ってやり取りをすることも多いので、イタリアに住んだり、イタリア人の友達ができたら、WhatsAppは必須アイテムになります。

イタリアに来る前に、前もってダウンロードしておいてはいかがでしょう?

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

フォローする