イタリアの豆腐「Tofu」ってどんな味?

イタリアの豆腐

イタリアでは近年「日本ブーム」で、お寿司屋さんが大人気。スーパーでも日本の食べ物を目にする機会が増えました。

以前は一般的なスーパーで見かかる日本の食べ物といったら「キッコーマンのしょうゆ」くらいでした。

最近では、エスニック食材コーナーに海外メーカーのインスタントラーメンカップ麺焼きそば、イタリア産の寿司用のお米、わさびやのり(ほとんどが中国産や韓国産ですが)などが並ぶようになりました。

そして、今では イタリア産の豆腐 もスーパーで見かけます。

イタリアの豆腐はどんな味?

イタリアの豆腐がどんな味なのか気になりますよね?

実は、私も一度だけ、イタリアの豆腐を買ってみたことがあります。

イタリアでは豆腐は、写真のように厚さ3、4センチほどの紙の箱で売られています。そして、箱の中には真空パックになった豆腐が入っています。

箱から豆腐のパックを出してみると、木綿豆腐の水分を抜いて固くした感じで、見るからにゴワゴワしています。

パックから出してみたところ、やっぱり固い。

味はというと、大豆のにおいがかなり強く、食感はボソボソしていていました。

豆腐といえば「冷やっこ」でしょう!

まずは、生姜醤油で食べてみたのですが、罰ゲーム並みの味でした。

一箱に2パック入っていたので、後日キムチ鍋に入れてみました。

「鍋に入れれば食べられるかも。キムチ味なら豆臭さも気にならないかも」と、期待して食べてみました。

ところが、独特のモサモサとした食感はそのままで、大豆のにおいも強烈。キムチにも負けないほどの存在感でした。

結論:イタリアの豆腐は日本の豆腐とは全く違う食べ物

イタリアの豆腐につるんとしたのどごしを求めてはいけません。

「絹ごし豆腐」派の私には向いていませんでした。

イタリアでは豆腐が人気

そんなイタリアの豆腐ですが、近年の健康ブームでプロテインが豊富で身体にいいと人気です。

豆腐のパッケージには「プロテイン豊富」「100%ベジタブル」「大豆食品」など身体によさそうな言葉が並んでいます。

先日、スーパーで会った友達の買い物カゴに豆腐が10箱以上入っていて、びっくりしました。体を鍛えているので、お肉は控えてほぼ毎日豆腐を食べているんだそうです。

トマト味やハーブ味の豆腐もあります。こちらはハーブ味。

豆腐

豆腐をそのまま食べる人はまだ少ないようですが、豆腐ハンバーグ や 豆腐入りのバジルペーストといった「Tofu商品」も種類が豊富で、豆腐の人気の高さがうかがえます。

豆腐のコロッケもあります。美味しそうです。これなら食べられるかも。

豆腐コロッケ

おわりに

イタリアの豆腐は日本の豆腐とは別の食べ物。

豆腐のパッケージのイメージのようにサラダに入れたり、豆腐ハンバーグやラグー(ミートソース)のお肉のかわりに使うのがよさそうです。

「イタリアの豆腐ってどんな味かな?」と気になる方は一度試してみてはいかがでしょう?

そんな方に、ひとつだけアドバイス。

イタリアの豆腐は「冷や奴」で食べないでください!!!

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

フォローする