簡単でおいしい!ラディッキオとスペックのパスタ

ラディッキオのパスタ イタリアの食べ物

もうすぐパスクア。春が近づいてきました!

イタリアの冬野菜、ラディッキオの季節ももうすぐ終わりです。

ラディッキオの季節が終わる前に、ラディッキオの王様ラディッキオ・タルディーヴォを使ったパスタを作りました。

簡単にできて美味しいラディッキオとスペックのパスタのレシピをご紹介します。

材料(2人分)

材料

パスタ(フジッリ)・・・160g(量はお好みで加減してください)

ラディッキオ・タルディーヴォ・・・一株

スペック(ベーコンでもOK)・・・50グラム

にんにく・・・ひとかけら

パスタを茹でる塩・・・適量

オリーブオイル・・・適量

こしょう・・・少々

材料のご紹介

ラディッキオ・タルディーヴォ(Radicchio Rosso di Treviso Tardivo)

イタリアの代表的な冬野菜、ラディッキオの一種。ラディッキオの王様とも呼ばれます。

生で食べても加熱しても美味しいです。

イタリアの冬野菜 ラディッキオの種類と食べ方
ラディッキオは赤紫と白の色鮮やかなコントラストが特徴のイタリアの冬野菜の代表です。 冬のイタリアの食卓を彩るラディッキオの種類と、ラディッキオの王様と呼ばれるラディッキオ・タルディーボのおすすめの食べ方をご紹介します。

スペック(Speck)

北イタリア、トレンティーノ・アルト・アディジェ州で作られる生ハムの一種です。

豚もも肉を塩漬けにした後、燻製にして熟成させたもので、プロシュートより固めで独特の旨みと香りがあります。

スペックがなければ、ベーコンを使っても大丈夫です!

フジッリ(Fusilli)

今回はらせん状のパスタ、フジッリを使用しました。フジッリは日本でもスーパーなどで簡単に手に入りますね。

他のショートパスタやスパゲッティでも美味しくできます!

作り方

ラディッキオとスペックのパスタ 作り方

  1. 鍋にたっぷりのお水を入れてパスタを茹でるお湯を沸かす
  2. ラディッキオ・タルディーヴォをよく洗い、2センチくらいの大きさに切る
  3. スペック(またはベーコン)を1センチ角に切る
  4. フライパンにオリーブオイルを入れ、弱火でにんにくを炒める(にんにくは刻まずにそのまま入れてください。)
  5. にんにくの香りが出てきたらラディッキオ・タルディーヴォとスペック(またはベーコン)をフライパンに入れて弱火で炒める
  6. にんにくを取り出す
  7. 鍋のお湯が沸いたらを入れ、パスタを茹でる
  8. パスタが茹で上がったらフライパンに入れて具とあえる
  9. こしょうで味を調えてお皿に盛りつける

ポイント

スペック(またはベーコン)は薄切りのものでなく、厚切りの方がおいしいです。(今回はキューブ状にカットされたものを使いました。)

スペック(またはベーコン)に塩気があるので、基本的に塩は不要です。

塩味が足りないかな?と思ったらお好みで加えてください。

おわりに

ラディッキオ・タルディーヴォとスペックのパスタは簡単にできて素材の味を楽しめる一品です。

もちろん、ラディッキオ・タルディーヴォ以外のラディッキオでも代用できます。ラディッキオが手に入ったらぜひ作ってみてくださいね!