パスタの保存に便利!100均の「ロングサイズ保存袋」を比較してみた

パスタ保存袋 日本

イタリアと言えば、パスタ!

イタリアにはいろいろな種類のパスタがあり、ソースや具によってパスタを変えるので、我が家でも常に何種類かのパスタの封が開いています。

で、パスタの保存はどうしているかというと。。。

ショートパスタは、たいていパスタの袋に保存用のシールが付いているので、シールを貼るか、クリップで止めています。

ところが、ロングパスタが悩みの種。

封を開けたあと、余白が少ないのでクリップではうまく止められません。

イタリアでは気にせずに開けたまま保存している人も多いんですが、湿気とか害虫とか、やはり気になります。

パスタ専用の保存容器を買おうかな、と思っていたところ、日本でいいものを見つけました!

100均のロングサイズ保存袋

日本に帰ると必ず行くのが100円ショップ。

イタリアにはない便利なものやかわいいものが100円で手に入るので、イタリア在住者にとっては天国のようなお店です。

そこで見つけたのが、ロングサイズの保存袋、2種類。

パスタ保存袋

最初に見つけたのが、最近流行りのスタンディングジッパーバッグ」(写真左側)のロングサイズ。

100円ショップではなく、300円ショップしたが、「細長いロングサイズ」2枚と「中くらいのサイズ」3枚のセットで、300円(税抜)。

これならパスタの保存にいいかな、と購入。

数日後、100円ショップに行ったところ、「スタンディングジッパーバッグ」のロングサイズ3枚が100円(税抜)で売られていました。。。

さらに、「ロングチャック袋」なるものを発見!(写真右側)

こちらは8枚入りで100円(税抜)。

スタンディングジッパーバッグ」のようなおしゃれさはありませんが、こちらも購入しました。

2種類の袋を実際に使って比較!

日本で買ってきた2種類の保存袋を、イタリアに帰って実際に使ってみました。

我が家にはロングパスタが数種類と、うどんなどの麺類もあるので、パスタの種類や茹で時間などを確認するために袋のまま保存しています。

スタンディングジッパーバッグ」はおしゃれですが、口が小さくてパスタは袋のまま入れようとするとなかなか難しいです。パスタより短い長さのうどんやそうめんは何とか入ります。

一方、「ロングチャック袋」はパスタの袋のまま余裕で入ります。

こんな感じで中身も見えて便利です!

パスタ保存袋

結論:「ロングチャック袋」の方が使いやすい!!!

ロングパスタやうどんなど、すべて「ロングチャック袋」に入れました。

確かに、「スタンディングジッパーバッグ」はおしゃれです。

パスタを袋から出して入れれば問題なく保存できますが、種類や茹で時間をメモしたりする必要もあり、面倒くさいです。

スタンディングジッパーバッグ」は、他の使い道を探したいと思います。

「ロングチャック袋」は、ネギなどの長い野菜を保存するのにもよさそうですし、冷凍保存から解凍までできるので、パスタ以外にも使えそうです!

おわりに

ロングパスタやうどんなどの乾麺の保存にぴったりの2種類のロングサイズの保存袋を比較してみました。

個人的には「ロングチャック袋」が使いやすいと思いますが、おしゃれに保存したい方には「スタンディングジッパーバッグ」がおすすめ。

こんな便利なものが100円で手に入るなんてうれしいですね。

次回イタリア人へのお土産に買っていきたいと思います!

パスタだけでなく、うどんなどの乾麺にも使えて便利ですよ。

どちらも100均で売っているので、良かったら試してみてはいかがでしょう?