ヴェネツィアのおすすめオステリア!【Osteria Alla Ciurma】

ヴェネツィアのオステリア ヴェネツィア

ヴェネツィアには気軽にグラスワインとチケッティと呼ばれるおつまみを楽しむことができる オステリア(Osteria)がたくさんあります。

オステリアというと、日本語では「居酒屋」と訳されることが多いですが、日本でいう居酒屋とはちょっと違います。

イタリアのオステリアには、「レストランと同じようなお店」から「軽食と飲み物だけを出すお店」まで、様々なタイプがあります。

なかでも、ヴェネツィア名物のひとつが、バーカロやチケッテリアとも呼ばれる立ち飲みの出来るオステリアで、ヴェネツィアを訪れる人たちにとても人気があります。

今回は、ヴェネツィアで人気のオステリア(チケッテリア)をご紹介します!

Osteria Alla Ciurma(オステリア・アッラ・チュルマ)

リアルト橋の近くにあるヴェネツィアで人気のオステリアのひとつです。

店名の Ciurma(チュルマ)とは、イタリア語で「船乗り」という意味。

店内は船をはじめとして船乗りさんに関連するアイテムがディスプレイされています。

ヴェネツィアのオステリア

このお店は、カウンターと小さなテーブルがいくつかあるだけの、とても小さなお店です。

ヴェネツィアでも人気のお店なので、週末のお昼どきに行くと店内は大混雑、お店の外までグラスを片手におしゃべりを楽しんでいる人があふれていることも多いようです。

また、観光都市ヴェネツィアだけあって、観光客も多いので英語も通じます

メニューと注文方法

店名の下に Cichetteria Veneziana(チケッテリア ヴェネツィアーナ)とあるように、Cichetti(チケッティ)と呼ばれるおつまみワインがメイン

ワインとチケッティ

チケッティは、バゲットの上にシーフードや野菜などがのったものや、フリットなどがカウンターに並んでいます。値段も表示されているので安心です。

おすすめはバッカラ(Baccalà)

バッカラとは、干し鱈のこと。バッカラを使った料理は、ヴェネト州の名物料理のひとつです。

バッカラのフリットやバッカラがのったバゲットをぜひ食べてみましょう。

チケッティ

飲み物は、ワインやビール、スプリッツのメニューが黒板に書かれています。赤字が赤ワイン、白が白ワイン、BIRRA(ビッラ)がビールです。

ワインは地図に産地が表示されているので、地図を見ながら選んでもいいですね。

もちろん、ミネラルウォーターやノンアルコールドリンクもあります。

ドリンクメニュー

食べたいもの、飲みたいものが決まったら、カウンターの向こうにいる店員さんに注文しましょう。

混雑状況によって、注文時に支払いを求められる時と、食べ終わってからまとめて支払いする時があります。

アクセス

【Osteria Alla Ciurma】
Calle Galiazza, 406/A, 30125 Venezia VE

リアルト橋から徒歩2分ほどです。

入り口が小さくて分かりにくいですが、時間帯によってはお店の外にワイングラスを持った人がお店のまわりにたくさんいるので、すぐに分かると思います。

また、近くには老舗のオステリアもあって、こちらもおすすめです!

ヴェネツィアのおすすめオステリア!【Cantina Do Mori】
ヴェネツィア名物のひとつ、チケッテリアとも呼ばれる立ち飲みの出来るオステリア。ヴェネツィアを訪れたらぜひ行ってみたいですね。今回はヴェネツィアで最も歴史のあるオステリアをご紹介します。

営業時間とおすすめの時間帯

9:00~15:00、17:30~20:30 (定休日:日曜日)

*営業時間は変更される可能性があるので事前にご確認ください。

開店後~12時前までがおすすめ。また、平日の夕方は比較的空いています。

早めに行けば、カウンターの中を見ながらじっくり選んで注文できて、テーブルに座ってゆっくり食べることができるのでおすすめです。

おわりに

ヴェネツィアのおすすめオステリア(チケッテリア)、いかがでしたか?

オステリアめぐりを楽しむためにヴェネツィアを訪れるという人までいます。

ヴェネツィアを歩いていると、おそろいのTシャツでオステリアめぐりをしているグループを見かけることも!

ヴェネツィアにはたくさんオステリア(チケッテリア)がありますが、今回はその中のひとつOsteria alla ciurma をご紹介しました。

このお店は、ワインの種類も豊富で、チケッティも美味しく、お値段も良心的です。

もちろん、ノンアルコールドリンクもあるので、お酒が飲めない人も大丈夫!

ヴェネツィアに行ったらぜひ立ち寄ってみてください!