日本とイタリアの定番キットカットを食べ比べ!どう違う?

キットカット 海外生活

日本でもイタリアでも人気のチョコレート菓子、キットカット。

日本ではいろんなフレーバーのキットカットが発売されているので、楽しいですよね。

そんな日本のキットカットは外国人観光客にも大人気ですし、海外へのお土産の定番アイテムのひとつでもあります。

前回はイタリア人が好むキットカットのフレーバーはどれか?という独自の調査結果をご紹介しました。

日本のキットカットが海外で大人気!イタリア人に人気なのは?
日本を訪れる外国人観光客に大人気のお土産といえば、キットカット!日本独自のフレーバーがたくさんあって、美味しいですよね。イタリアに帰るときに数種類のキットカットをお土産に持って帰ったので、イタリア人にはどんな味が人気なのか調べてみました!

ところで、今回は日本でもイタリアでも同じように販売されている定番のキットカットの味には違いがあるのでしょうか?

今回は日本とイタリアの定番のキットカットを食べ比べてみました。

*本文中では「イタリアのキットカット」と表現していますが、イタリアで販売されているものは近隣のヨーロッパ諸国で販売されているものと同じです。

イタリアのキットカット

イタリアのキットカットは、4列つながり(41.5g)のものが多いです。

スーパーでは下の写真のような3つ入りパックをよく見かけます。

キットカット

日本のスーパーで売られているようなミニサイズのものが袋入りになっているものもありますが、あまり見かけません。

キットカット(オリジナル)

まずはオリジナルのキットカット(KitKat)から。

キットカット

日本でも、昔はこのタイプしかなかったですね。

上がイタリアで売られているキットカット、下が日本のキットカット(袋に入って売られているミニタイプのもの)です。

パッケージを開けて並べてみました。(上がイタリアのキットカット、下が日本のキットカットです。)

キットカット

イタリアのキットカットは4列つながり。

高さや幅はほぼ同じですが、長さは日本のミニのキットカットと比べると、2倍弱の長さです。

甘いもの大好きなイタリアの人たちは、これくらいの量は1回でぺろりと食べてしまいます。

色は日本のキットカットの方が若干濃いですね。

そして、味はというと、イタリアのキットカットの方が後に残る甘さでした。

キットカット(ダーク)

商品名が違うので、厳密には同じものではないと思いますが、ダークチョコレートのキットカットも食べ比べてみました。

キットカット(ダーク)

同じく上がイタリアのもの(Dark70%)、下が日本のもの(オトナの甘さ)です。

パッケージを開けてみたところはこんな感じです。

キットカット

色はほとんど同じですが、やはりイタリアのキットカットは大きいですね。。。

ダークチョコのキットカットは、中身のウエハース部分が違います。

断面図がこちら。左がイタリアのキットカット、右が日本のキットカット。日本のキットカットはブラックビスケットが練り込まれているんですよね。

キットカット

さて、お味はというと、イタリアのキットカットもダークチョコレート(DARK70%)というだけあって、オリジナルのキットカットに比べると甘さは控えめでカカオの味が強いです。

でも、日本のキットカット(オトナの甘さ)と比べると、何か物足りない気がします。

日本のキットカット(オトナの甘さ)の方が、カカオの味が濃厚で深みがあり、かつ繊細な味で後味がすっきりしている気がしました。

おわりに

今回の食べ比べ、イタリア人と一緒にミニ試食会を開催してみたのですが、感想は全員一致で「イタリアのキットカットの方が甘い」「甘さが違う」という結果でした。

イタリアのキットカットを食べるたびに「甘いなあ」と思ったので、食べ比べて味の違いが分かってスッキリしました!

甘いものが好きなイタリア(ヨーロッパ)向けのキットカットは、日本のものに比べて甘みが強いようです。

キットカットは国や地域によって、その地域の人たちの好みに合わせて作られているそうなので、味が違うは当然ですね。

チョコレートのみならず、お菓子全般に言えることですが、イタリアのお菓子は本当に甘いです。

甘いものが好きな方はイタリアのキットカットでもいいのかもしれませんが、やはり日本のキットカットの方が美味しいと思います!

ちなみに、イタリアのキットカットで美味しいと思うのは、ピンク色のルビーカカオのキットカットです。遭遇確率は少ないですが、すっきりしたフルーティーな甘さで美味しいですよ。

天然ピンクチョコ!ルビーカカオ商品がイタリアにも登場!
ルビーカカオを使用した新しいチョコレートがイタリアにも登場!天然のカカオ豆から生まれるピンク色とフルーティーな酸味が魅力のチョコレートをご紹介します!