イタリアでiPhoneのバッテリーを交換してみた!

iPhoneバッテリー

今やスマートフォンは生活必需品ですよね。

私は iPhone を使っているのですが、ある日突然 iPhone の充電ができなくなってしまいました。

バッテリーの寿命がきたのです。。。

日本で購入した iPhone も海外のアップルストアで修理ができることは以前記事でご紹介しました。

しかし、残念なことに私の iPhone にはある問題があってアップルストアでのバッテリー交換をあきらめました。

では、バッテリー交換をどのようにしたか、ご紹介したいと思います。

アップルストアでバッテリー交換

日本で購入した iPhone も海外のアップルストアで修理してもらえます。

もちろん、イタリアでもOKです。バッテリーの交換もできます!

2018年中は該当機種のバッテリー交換費用が割安になっていますね。

イタリアでも同様にバッテリーの交換費用が安くなっているので、アップルストアに持ち込んで交換しましょう。

ディスプレイにヒビがある場合

以前の記事でご紹介したとおり、iPhone バッテリーが消耗していたので、バッテリーを交換してもらおうとアップルストアへ持ち込みました。

残念なことに、ディスプレイに小さなヒビがあって、ディスプレイの交換も必要と言われました。

写真の通り、本当に小さなヒビなんです!

iPhone

アップルストアでディスプレイも交換するとなると修理費用がかさむので、決断できずしばらくポータブル充電器を携帯して過ごしていました。

アップルストア以外でバッテリー交換

ポータブル充電器を携帯して過ごすこと2週間。

なんと!ある朝、充電ができないどころか電源が付かない状態に。。。

iPhone のない生活なんて考えられません。

特に海外では死活問題(ちょっと大げさですね。。。)

またアップルストアに行くしかない。。。

出費を覚悟していた時に、友達が教えてくれました。

「この間駅前のお店でバッテリーの交換をしたよ。料金は30ユーロくらいだった。」

30ユーロ!安い!!!

行ってみよう!

ということになりました。

交換手続き

非正規のお店で入り口も何となくあやしい感じで不安でしたが、友達を信じて iPhone を持ち込んでみました。

私:すみません、iPhone の修理をお願いしたいんですが。

店員:(iPhone を確認して)あ、バッテリーね。はい、交換しますよ。

私:料金は?

店員:30ユーロです。1時間くらいね。

あえてディスプレイのことは言わずに iPhone を預けました。

そして、1時間後。

バッテリーの交換が終わりました。

受け取ったiPhoneは、1時間前と変わらず、ディスプレイにヒビがはいったまま

私:え?ヒビがあると修理できないんじゃないの?

店員:問題ないですよ~。はい、これが交換したバッテリーね。

と交換したバッテリーを返してくれました。

お支払いは30ユーロ

なんだ、ディスプレイを交換しなくてもバッテリー交換できるんじゃん!

iPhone のバッテリーなんて見たことなかったので、記念に取っておくことにしました。

データは?

このお店に持ち込んだ時には、すでに iPhone の電源が入らずパソコンにつないでも反応しなかったのでバックアップも取らずに持ってきたので不安でした。

おそるおそる電源を入れてみました。

すると、バッテリーが寿命をむかえたと思われる時間で時計が止まっていました。

データは無事でした!!!

アップルストアでバッテリーを交換する場合は、初期化されてしまうそうです。

しかし、こちらのお店では初期化されずに、そのまま使えました!!!

おわりに

イタリアでも無事に iPhone のバッテリー交換 ができました。

一度アップルストア以外のお店で修理をしてしまうと、その iPhone は以後アップルストアで修理してもらえないと聞きました。

次に問題が出たときには買い替えるつもりなので、今回は非正規のお店で交換してみました。

どこで修理するかは、日本でも同じですね。

もちろん、アップルストアで修理をするのが一番安心です。

でも、費用が高いので、保証期間を過ぎて買い替えを検討する時期が来ていれば非正規のお店で交換してもいいかな~、と思います!

 

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

フォローする