イタリアのインスタントヌードルを食べてみた!

ブイトーニのインスタントヌードル

先日イタリアのスーパーで販売されているカップ麺を食べてみて、思ったより悪くなかったのでインスタントヌードルにもチャレンジすることにしました。

「絶対美味しくないはず!」と決めつけてはいたものの、実は気になっていたんですよね。。。

それでは、作り方と食べた感想をレポートします!

イタリアのインスタントヌードル

イタリアの一般的なスーパーで販売されているインスタントヌードルの2大メーカーはブイトーニ(BUITONI)とスター(STAR)です。

ブイトーニ

味は「ウコン&生姜」、「カレー」、「チキン」、「テリヤキ」。

なかなかバラエティに富んだラインナップです。

ちなみに、「ウコン」と「生姜」は今イタリアで大ブーム! お茶、お菓子、ジェラート、ヨーグルトなど、いろいろなものに入っています。

イタリアのインスタントヌードル

スター

スターからはSAIKEBONというブランドで販売されています。

左が焼きそば、右がヌードルですが、ヌードルもスープがないので違いがあまりわかりませんね。

イタリアのインスタントヌードル

イタリアのインスタントヌードルの作り方

何種類かある中からブイトーニのチキン味を買ってみました。

左下に「調理時間6分」と書いてあります。

ブイトーニのヌードル

パッケージの裏面に作り方が書かれています。

作り方

作り方

①フライパンに200mlの水、スープの素、オイルをスプーン1杯入れて1分ほど温める。

②麺を入れて沸騰させて3分(スープがなくならない程度まで)茹でる。途中で麺をひっくり返し、フォークでほぐす。

簡単そうですね。

ただ疑問点がいくつか。。。

疑問点1:袋の表面には調理時間6分と書いてあります。でも、作り方を見ると①で1分、②で3分、ということは合計4分?残りの2分は???

疑問点2:お水200mlって少なくない?(日本のインスタントラーメンの半分以下だけど大丈夫?)

疑問点3:オリーブオイル入れるの?

疑問点4:スープの素は最初に入れるの?(スープの素は最後に入れるんじゃないの?)

とりあえず、パッケージに書かれている通りに作ってみることにしました。

調理過程

では、調理過程をご紹介します。

①お水を200ml鍋に入れ、スープの素とオリーブオイルをスプーン1杯入れて1分火にかけます。

作り方①

②麺を投入して3分茹でます。

作り方②

③途中ひっくり返して麺をほぐします(なかなかほぐれません。。。)。

さみしいのでネギを少し入れてみました(お好みで野菜、お肉、卵を入れると美味しいよ、という一文もありませんが)。

作り方③

イタリアのインスタントヌードル、実食!

完成~!

イタリアのインスタントヌードル

お水が200mlしか入っていませんから、当然ながらスープがほとんどありません。

パスタ皿に盛り付けてみました。

見た目はともかく、肝心のお味はどうでしょう?

微妙。。。

ラーメンではないし、パスタでもない。。。スープも変わった味。

食べられないレベルではないですが、不思議な食べ物です。

おわりに

今週はなぜかチャレンジ精神が旺盛で、カップ麺に引き続いてインスタントヌードルまで食べてみました。

イタリアで販売されているインスタントヌードルは、残念ながら私の口には合いませんでした。

スープがないのはおそらくヨーロッパの国々の家庭にはラーメンを入れる丼のような器がないからでしょう。

パスタの国、イタリア。

今日ではイタリアのスーパーには様々なインスタントヌードル、インスタント焼きそば、カップ麺が並んでいます。

イタリアでは日本食がブーム。といっても「日本食=寿司」なので、たいていのイタリア人はラーメンを食べたことがないんです。しかし、スーパーにはインスタントラーメンや焼きそばがいくつも並んでいます。イタリアのインスタントヌードルはどんな味なのでしょうか?
イタリアのスーパーにはカップ麺やインスタントヌードル、インスタント焼きそばが並ぶようになりました。スーパーで気になるカップ麺を見つけたので食べてみました。イタリアで食べられているカップ麺の作り方や味をレポートします!

気になった方はチャレンジしてみてくださいね!

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

フォローする