モンテフェルトロの小さな町「フロンティーノ」でかかし祭りに出会った!

フロンティーノ

中部イタリアのマルケ州、エミリア・ロマーニャ州、トスカーナ州、サンマリノ共和国にまたがるモンテフェルトロ地方(Montefeltroという美しい丘陵地帯には、小さくてかわいらしい町がたくさんあります。

そのなかのひとつが、マルケ州ペーザロ・エ・ウルビーノ県にあるフロンティーノ(Frontino)

フロンティーノは、イタリアで最も美しい村(I Borghi più Belli d’Italia)に登録されているかわいらしい町です。

今回はフロンティーノ(Frontino)の町と、夏にフロンティーノで開催される「国際かかし祭り」をご紹介します。

フロンティーノの町

フロンティーノ(Frontino)は モンテフェルトロ地方にある、面積11km²弱、人口300人ほどのとても小さな町。

旧市街は1時間もあれば十分まわれるほどの広さですが、個人的には、モンテフェルトロ地方の中でも1、2を争うほどのかわいらしい町だと思います。

町の入り口を入るとすぐ左手に市庁舎があります。

フロンティーノ市庁舎

ここは観光案内所にもなっていて、フロンティーノや周辺地域の地図やパンフレットなどをもらうことができます。(フロンティーノ自体は、地図が不要なほど小さな町ですが。)

市庁舎が面したメインストリートを歩いていくと、フロンティーノのシンボル、時計塔があらわれます。

時計塔 

時計塔の向かいには教会がありますが、扉にある「教会(Chiesa)」という貼り紙がなければ、見逃してしまうほどの小さい教会です。

メインストリートには、タバッキや食料品店、バールやレストランもあります。

タバッキの看板も美しい町の景観を損なわないようになっているところが素敵です。また、写真の右下に見えるのがゴミ箱なんですが、美しい街並みになじむデザインでした。

商店

メインストリートを歩いていくと、公園があります。噴水も素敵です。

左の塔の中に入って景色を見ることもできます。

フロンティーノの公園

この公園からは、眼下に広がる絶景を眺めることができます。

モンテフェルトロ地方の景色は、トスカーナの田園地帯に似ていますね。

景色

町のはずれの道を歩くと、フロンティーノの旧市街が城壁に囲まれた高台にあることが分かります。

フロンティーノ

フロンティーノは観光客も少ないので、落ち着いて街を歩くことができます。

町自体がとてもかわいらしいですが、ゴミひとつ落ちていないほど整備されていて、とても気持ちがいいです。

イタリアで最も美しい村(I Borghi più Belli d’Italia)に登録されているのもうなずけます。 

それにしても、このモンテフェルトロ地方には イタリアで最も美しい村(I Borghi più Belli d’Italia)が多いです! 

国際かかし祭り

ちょうどフロンティーノを訪ねたときに、国際かかし祭り(Il Festival Internazionale degli spaventapasseri )というお祭りが開催されていました。

町の人によると、ここ数年8月に開催されているとのこと。

かかしには名前と番号がついていて、お気に入りの「かかし」に投票することができます。

かかし祭り

かかし祭り開催中は、町中のいたるところに「かかし」がいて、「美しい町」が「かわいらしい町」に変身していました。

フロンティーノのかかし

こちらは猟師さん(il cacciatore)。

かかし

こちらは、お医者さん(il dottore)。

お医者さんというより患者さんに見えます(笑)。片目が取れちゃってますし。。。

かかし

こんな感じでいろんな職業の「かかし」がいて、面白いです。

かかし祭り開催中にフロンティーノに行けば、いろんな「かかし」に出会うことができます。

フロンティーノへの行き方

モンテフェルトロ地方の他の小さな町同様、フロンティーノへのアクセスは車となります。

調べるとバスを乗り継いで、という経路が出てきますがおすすめできません。

モンテフェルトロ地方の小さな町は車で回るしかないですね。。。

おわりに

モンテフェルトロのかわいらしい町、フロンティーノをご紹介しました。

アクセスが悪いのが難点ですが、一度は訪れる価値ありの美しい町です。

8月はかかし祭りが開催されるので、できれば8月に行ってみてはいかがでしょう?