イタリア式誕生日の祝い方 自分で祝うの!?

イタリア語で誕生日は compleanno (コンプレアンノ)といいます。

「comle(完了)+ anno(年)」で文字通り 一年が完了する日 という意味の単語です。

さて、イタリアでビックリしたことの一つが誕生日の祝い方。

イタリアでは誕生日をどのように祝うかご存知ですか?

今回は日本の誕生日の祝い方とはかなり違う、イタリア式の誕生日の祝い方をお届けします。

イタリア語で「お誕生日おめでとう」

イタリア語で「お誕生日おめでとう」は Buon Compleanno(ブォン・コンプレアンノ)といいます。

または「おめでとう」という意味で、Auguri!(アウグーリ)または Tanti auguri!(タンティ・アウグーリ)といいます。

イタリアの誕生日の祝い方

イタリアでは誕生日を家族や友達と一緒に祝います。日本と同じですね。

でも、イタリアの誕生日の祝い方には日本と大きな違いがあります。

イタリアの誕生日の祝い方の特徴は、「誕生日をむかえる人=主役」が自分で祝うんです。

分かりやすく言うと「誕生日の人がおごる」んです。

誕生日の日に職場にケーキやお菓子を持っていく人もいます。

レストランへ食事に行く場合誕生日の人が全員分を支払います。

家でパーティーをする場合は、サンドウィッチや生ハム、チーズなどの軽食と飲み物を用意し、飾り付けをして、バースデーケーキも自分で買いに行きます

30歳、40歳、50歳など、区切りがいい年にはレストランでパーティーをする人もいます。その場合もパーティー会場の予約からメニューまで自分で手配をして、もちろん支払も自分

何十人も招待して、アペリティーボから始まり、ディナーの後はダンスタイム、とまるで結婚式のようなパーティーを開く人もいるんですよ。

イタリアのパーティーには音楽が欠かせないので、DJやバンドを呼ぶ人も多いです。

本格的です!

そして、

招待された人はプレゼントを持って行くだけです!

日本人からすると、何で誕生日なのに自分でおごらないといけないのか、よく分かりません。

でも、イタリアでは誕生日は自分で祝うものなんですよ。

バースデーソングもイタリア版

お誕生日に歌われるバースデーソングと言ったら「ハッピーバスデー・トゥー・ユー」ですよね。

イタリアでも歌われるのでしょうか?

はい、イタリアでも同じ曲を歌ってお祝いします。

でも、イタリア版は歌詞が違うんですよ!

英語の歌詞の下にイタリア語と読み方を書きますね。

Happy Birthday to you

Tanti Auguri a te

タンティ・アウグーリ・ア・テー

Happy Birthday to you

Tanti Auguri a te

タンティ・アウグーリ・ア・テー

Happy Birthday dear xxxx

Tanti Auguri xxxxx

タンティ・アウグーリ・xxxxx

Happy Birthday to you

Tanti Auguri a te

タンティ・アウグーリ・ア・テー

(xxxxxのところは名前です。)

イタリアでもバースデーケーキを前にこの歌を歌います。

ハッピーバースデーの歌は日本では英語で歌われるので、全世界共通なんだと思っていました。

でも、イタリアではイタリア語バージョンになるんです!

面白いですね。

おわりに

いかがでしたか? イタリアの誕生日の祝い方、特徴的ですよね。

私はまだ誕生日をイタリア式で祝ったことはありません。

やっぱり誕生日は祝ってもらいたいですよね~。

あと何年かしたらイタリア式で誕生日を祝う日が来るのかもしれませんが。。。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

フォローする