超豪華!トリノのアペリティーボ

アペリティーボ 北イタリア

イタリアの アペリティーボ(Aperitivo)という習慣について以前ご紹介しました。

イタリアの習慣! アペリティーボを楽しもう!
イタリアでアペリティーボという習慣をご存知ですか? 夕食前におつまみを食べながら軽く一杯飲んで過ごす、夕食の時間が遅いイタリアならではの習慣です。アペリティーボにぴったりの飲み物をご紹介します!

このアペリティーボはトリノが発祥とされています。

今回は、トリノのアペリティーボについて、体験リポートとともにご紹介します。

発祥の地トリノのアペリティーボ

「ディナーの前にバールやカフェで軽食をつまみながらお酒を軽く飲む」というのがイタリアの アペリティーボ

軽食といっても、ポテトチップス や ナッツ野菜スティック小さなサンドウィッチ や ピザ などの おつまみが一般的です。

ところが、アペリティーボ発祥の地 トリノ では、その軽食の内容が 超豪華 なんです!

おつまみとはいえません。種類も量も豊富で夕食代わりになってしまうほどです。

トリノのアペリティーボは豪華なので、アペリティーボ(Aperitivo)と チェーナ(Cena)で、アペリチェーナ(Apericena)などと呼ばれることもあるそうです。

トリノの老舗カフェでアペリティーボ

以前トリノを訪れたとき、トリノでしたいことの一つが アペリティーボ でした。

トリノの老舗カフェ でアペリティーボをしたのでその様子をご紹介したいと思います。

Caffe` Fiorio(カフェ フィオーリオ)

1780年創業の老舗カフェ

かつて貴族や政治家、文化人が集まったといわれるトリノの名物カフェの一つです。

こちらのカフェはジェラートが有名らしいのですが、ジェラートは食べず、アペリティーボをしてきました。

豪華な店内に入るのは少し勇気がいりましたが、入ってみるととても親切なカメリエーレが案内してくれました。

「何を飲もうかなあ」と悩んでいたところ、カメリエーレが「あなたのイメージでカクテルを作りましょうか?」と提案してくれました!

出てきたカクテルはこんな感じ。

おしゃれです!

トリノのアペリティーボ

味は、フルーティーでおいしかったです。1杯7ユーロでした。

そして、店内に置かれた大きなテーブル。

テーブルにはチーズ、一口サイズのキッシュ、ミニピザ、ピクルス、オリーブ、生ハム、ソーセージ、野菜などなど・・・。

雰囲気も抜群で、期待していた以上でした!!!

ドリンクを1杯頼めば、すべて 食べ放題 

こんな種類豊富なオードブルが食べ放題なので、とってもお得!

この後、ディナーの予定があったので控えめにお皿に盛ったはずが、おなかがいっぱいになってしまいました。。。

Caffe` Roberto(カフェ ロベルト)

すっかりトリノのアペリティーボが気に入ったので、翌日、地元の人にすすめられた別のカフェ、Caffe` Roberto(カフェ ロベルト)に行ってみました。

こちらのアペリティーボはカフェ・フィオーリオよりは控えめな感じでした。

カフェ・フィオーリオの方が豪華で雰囲気がありました。

この日はディナーの予定がなかったので、思う存分食べて アペリチェーナ としました!

おわりに

老舗カフェでゴージャスなアペリティーボを楽しむのもよし、最新のカフェでおしゃれなアペリティーボを楽しむのもよし!

トリノに行ったらぜひアペリティーボを体験してみましょう。

ディナーの予定がある場合は、食べ過ぎにご注意くださいね。