イタリアの習慣 アペリティーボを楽しもう!

アペリティーボ

イタリアの アペリティーボ(Aperitivo)という習慣をご存知ですか?

アペリティーボとは、夕食前におつまみをつまみながら一杯飲んで過ごす、夕食の時間帯が遅いイタリアならではの習慣です。

今回は、アペリティーボの魅力と楽しみ方についてご説明します!

アペリティーボとは

アペリティーボ(Aperitivo)とは、本来は「食前酒」という意味の単語です。

つまり、食事の前に食欲を増進させるために飲むアルコールまたはノンアルコールのドリンクのことを指します。

辞書で aperitivo を調べても、食前酒と書いてあります。

今では「夕食の前に軽食をつまみながらお酒やノンアルコールドリンクを楽しむ習慣」という意味で使われることが多いです。

アペリティーボは、イタリア中でみられる光景なんですよ。

バールのアペリティーボ

夕食前の時間帯 に バール に行くと、カウンターに様々な おつまみ が並んでいます。

カウンターで立ち飲みする人はそのおつまみをつまみながら飲みます。またテーブル席でドリンクをオーダーするとおつまみが添えられて出てきます。

おつまみ は、ポテトチップスナッツ類一口サイズのサンドウィッチやピザなど、お店によって様々です。

トリノやミラノなど、ブッフェスタイルのアペリティーボが主流の地域もあります。

ドリンクの料金だけでおつまみが食べ放題!たくさんおつまみがあってお得なんですよ~。

アペリティーボしよう!

イタリアで「アペリティーボしよう!」と誘われたら、軽く飲みながらおしゃべりしましょう、という意味だと思ってください。

飲み物が違いますが、「お茶しない?」みたいなイメージですね。

イタリアでは食事に出かけるときに、まずバールに集合して一杯飲んでからレストランに向かうことも多いです。

もちろん、家庭で アペリティーボ を楽しむこともあります。簡単な軽食と飲み物を用意して家族や友達とワイワイするのは楽しいですよ~。

アペリティーボにぴったりのカクテル、スプリッツ

イタリア旅行中、バールやオープンテラスでオレンジ色のドリンクを飲んでいる人を見かけたことはありませんか?

このオレンジ色のドリンクの正体は アペリティーボの定番カクテルスプリッツ(Spritz)です。

スプリッツ は、ヴェネツィア発祥のカクテルですが現在ではイタリア全土で親しまれています。

作り方は、プロセッコアペロール(Aperol)というリキュール、ソーダを合わせてオレンジのスライスを入れます。

アペロールのボトルに書いてあるレシピによると、プロセッコ3、アペロール2、ソーダ1の割合です。

アペロールの甘くてほろ苦い味が特徴の飲みやすいドリンクです。

アペロールの代わりにカンパリ(Campari)サンブーゴ(Sambhugo)を使ったスプリッツも人気です。

日本でもおなじみのカンパリ入りのスプリッツは、アペロールより苦みが強いです。

サンブーコ入りのスプリッツは、ウーゴ(Hugo)と呼ばれ甘くて華やかな香りが特徴です。

アペリティーボに人気のノンアルコールドリンク

アペリティーボの飲み物 はお酒と決まっているわけではありません。

ノンアルコールドリンク もあるんですよ。

ノンアルコール はイタリア語で analcolico(アナルコリコ)といいます。

アペリティーボで定番の ノンアルコールドリンク といえば、ジンジェリーノ(Gingerino)クロディーノ(Crodino)

ジンジェリーノ

オレンジや赤いソーダノンアルコールドリンクです。

バールでは、オレンジやレモンを入れて出してくれます。

特にジンジェリーノは、オレンジ色見た目がアペロールのスプリッツにそっくりなので、お酒が飲めない人がアペリティーボを楽しむのにぴったり!

見た目が似ていて気分がでますからね~。

ほんのりとした苦味があるところもスプリッツと似ています。

おわりに

イタリアのアペリティーボ、夕食の時間が遅いイタリアでは、軽く飲みながらおしゃべりを楽しむのにもってこいの習慣です。

イタリアに来たらぜひお好みのドリンクでアペリティーボを楽しんでみましょう!

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

フォローする