2018ワールドカップ開幕!出場国はイタリア語で何て言うの?

ワールドカップ イタリア生活

間もなく、2018 FIFA ワールドカップ(W杯)ロシア大会が開幕しますね。

日本での盛り上がりはいかがでしょうか。

サッカー大国、イタリアではどうかというと、まったく盛り上がっていません。

今回、イタリア代表はヨーロッパ予選で敗退してしまい、出場できないからです。

そんな残念なイタリアはさておき、イタリア語でのワールドカップや各試合の呼び方、今回大会の出場国名をまとめてみました。

大会用語

ワールドカップはイタリア語で、

Campionato mondiale di calcio(カンピオナート・モンディアーレ・ディ・カルチョ)

または、

Coppa del mondo(コッパ・デル・モンド)

といいます。

もしくは、シンプルに、Mondiali(モンディアーリ)なんていったりもします。

 

では、グループステージから決勝までの試合は、イタリア語で何というのでしょうか?

*日本語の表記の後、かっこの中にイタリア語表記と発音を記載しています。

グループステージ(Fase a giorni/ファーゼ・ア・ジョルニ)

ベスト16(Ottavi di finale/オッターヴィ・ディ・フィナーレ)

準々決勝(Qualti di finale/クワルティ・ディ・フィナーレ)

準決勝(Semifinale/セミフィナーレ)

決勝(Finale/フィナーレ)

各グループの出場国

グループ名、国名ともに、かっこの中にイタリア語表記と発音を記載しています。

グループA(Gruppo A/グルッポ・ア)

ロシア(Russia/ルッシア)

サウジアラビア(Arabia Saudita/アラビア・サウディタ)

エジプト(Egitto/エジット)

ウルグアイ(Uruguay/ウルグアイ)

グループB(Gruppo B/グルッポ・ビ)

ポルトガル(Portogallo/ポルトガッロ)

スペイン(Spagna/スパーニャ)

モロッコ(Marocco/マロッコ)

イラン(Iran/イラン)

グループC(Gruppo C/グルッポ・チ)

フランス(Francia/フランチャ)

オーストラリア(Australia/アウストラリア)

ペルー(Perù/ペルー)

デンマーク(Danimarca/ダニマルカ)

グループD(Gruppo D/グルッポ・ディ)

アルゼンチン(Argentina/アルジェンティーナ)

アイスランド(Islanda/イズランダ)

クロアチア(Croazia/クロアッツィア)

ナイジェリア(Nigeria/ニジェリア)

グループE(Gruppo E/グルッポ・エ)

ブラジル(Brasile/ブラジーレ)

スイス(Svizzera/ズヴィッツェラ)

コスタリカ(Costa Rica/コスタ・リカ)

セルビア(Serbia/セールビア)

グループF(Gruppo F/グルッポ・エッフェ)

ドイツ(Germania/ジェルマーニア)

メキシコ(Messico/メッシコ)

スウェーデン(Svezia/ズヴェツィア)

韓国(Corea del Sud/コレア・デル・スッド)

グループ G(Gruppo G/グルッポ・ジ)

ベルギー(Belgio/ベルジョ)

パナマ(Panama/パナマ)

チュニジア(Tunisia/トゥニジーア)

イングランド(Inghilterra/インギリテーラ)

グループH(Gruppo H/グルッポ・アッカ)

ポーランド(Polonia/ポローニャ)

セネガル(Senegal/セネガル)

コロンビア(Colombia/コロンビア)

日本(Giappone/ジャポーネ)

おわりに

ワールドカップ、大会用語、ワールドカップ参加国のイタリア語での呼び方、いかがでしたか?

国の名前は、日本語と変わらない発音の国もあれば、想像もつかないような呼び方の国もありますね。

個人的には、スイス(Svizzera/ズヴィッツェラ)と スウェーデン(Svezia/ズヴェツィア)がイタリア語だとなんとなく似ていて、難しいです。

イタリア人にとってはさみしい1か月となりそうですが、みなさん、日本では大いに盛り上がってください!